相手と同じ動作(ミラーリング)をしてしまうしぐさの意味は「同調・共感」

スポンサーリンク

 

ミラーリングという言葉があります。
これは「相手がしているしぐさ、または自分がしているしぐさを真似してしまう」ということです。

 

例えば、男女がカフェで2人デートをしているとしましょう。
男性が会話の最中にコーヒーを一口飲んだ時に、相手の女性も自分のコーヒーを一口飲みます。
そして、女性が髪を触った時に、男性も自分の髪を触るようにします。

これがミラーリングと言われるものです。

 

これは同調行動などとも言われており、人間が無意識にも行なってしまう行動です。
意識的にも行なうことができるのですが、これを無意識にやってしまう、気がついたら相手(自分)と同じしぐさをしていたということがこのミラーリングです。

 

 

では、なぜミラーリングをしてしまうのかというと「人間には自分と近い人が好き」という心理があるためです。

人間には言葉のコミュニケーション以外にも、しぐさによるコミュニケーションがあります。
このブログで解説しているような「男性はストレスを感じると無口になって黙り込む」「ペンを回して落とすしぐさ」といったものです。

お互いが共感を得たり、理解を深めていくと、このしぐさによるコミュニケーションも似てくるのです。

またこのしぐさによるコミュニケーションが似ているから、仲良くなるとも言えます。

 

 

ですから、自分が嫌いな相手や相手が自分をよく思っていない時にはこのミラーリングは起きにくいのです。

 

 

これを恋愛や仕事に応用すると、まだ親しくない相手と仲を深めることができます。
デートや商談などで相手が飲み物を飲んだ時には、こちらも飲み物を口にします。
相手が笑った時にはこちらも笑うようにします。

 

このように相手のしぐさを真似ることで無意識に接近することが可能でもあります。

 

 

ただ失敗すると、相手に違和感を覚えられたり、真似されていると感じられるので逆効果になります。

 

 

コメント