異性が遠くからじっと見つめてくる視線を送る心理は「好意」か「敵意」

スポンサーリンク

異性が遠くからじっと見つめてくる視線を送る心理は「好意」か「敵意」です。
昔から「目は心の鏡」というように、人のしぐさの中で視線は気持ちをよく表す部分です。

 

「目」は視覚という人間が得る情報の中で多くを占めています。
例えば、大きな音がなった時などには目がパッと向いて、情報を得ようとします。
このように人が多くの情報を得たいと思った時には、「目」で情報を得ようと思うです。

 

 

このように見ていくと、異性がこちらをじっと見つめる心理としては「気になる異性の情報を得たい」ということが考えれるのです。
ここで大事なことは「じっと遠くから見つめる」ということです。

 

まず「遠くから」ということを考えてみましょう。
会話をしている時や近くにいるのであれば相手を見つめる必要性があるかもしれませんが、遠くから見つめる必要性はあまり無いのです。
この時点で「何らかの気持ちがあって見つめている」と言えます。

さらに「じっと」ということを考えてみると、「見ている対象(異性)から多くの情報を得たい」という気持ちがあるのです。
「目」は多くの情報が手に入るので、じっと長く見つめて相手の異性のことを知りたいということです。
好きでもない相手なら少しの瞬間見るだけで良いのです。

 

この「遠くからじっと見つめて好意がある場合」は、目があった時に目が見開いたり、ハッと逸らすことがあります。
これは興味や好意、関心が有るものを見ていたので目が合って驚いた、見つめていたことを相手に気づかれたくないということの裏返しです。

このしぐさがあれば、相手が好意を持っていたと言うことができます。

この相手と目が合った時のしぐさも合わせて確認しておきましょう。

 

 

もう1つ「敵意」ということもあります。

簡単にいうと「この野郎」と思っている時です。
恨みや辛みを抱えて遠くから念を送るというような状態です。

相手に言えない恨みや念を持っていると、遠くから鬼のような形相で見つめてくる(睨みつけて)ことがあります。

 

コメント