水を沢山飲むしぐさの心理は「緊張」している状態

スポンサーリンク

水をたくさん飲むしぐさの心理は「緊張」です。
会議や商談中、学校などで水を沢山飲んでいる人を見かけると思いますが、この時の心理としては緊張していると言えます。

 

なぜかと言うと、人は緊張すると喉が渇くのです。
緊張すると交感神経の活動が優位になり、体に溜まった熱を放出しようとします。
例えば、運動なども同じでランニングをしている時は体に溜まった熱を汗として放出します。
この時に体の水分が使われるため喉が乾いてしまい、喉が渇くために水をたくさん飲んで水分を補おうと体が思うのです。

 

これは緊張感のある重要な会議や商談、重要な試験でよく起きることです。
一方、リラックスして行なう会議や応接や学校の授業などでは緊張感が強くないためそこまで水を沢山飲むことはありません。

 

ですから、もし会社の商談や会議で相手が水を沢山飲むようであれば緊張感が強い状況であると思って下さい。
その時は相手がリラックスして行なえるように休憩を入れたり、雑談をして緊張感を取ってあげると良いでしょう。

 

 

また水をたくさん飲む理由として他に考えられることは、持病などの体質や空間の温度や湿度も関係しています。
持病や体質的に水をたくさん飲む方がいます。
特に汗っかきの方や緊張をしやすい方は水をたくさん飲む傾向です。

また室内の温度が高い場合や湿度が極端に低いと喉が乾きます。
商談や面接では長い時間その場に居なくてはいけませんから、自然と喉がカラカラになるのです。

 

こういった場合は「会議や商談を短い時間で済まる」「空間の温度や湿度を調整する」ことで相手が心地良い状況を作ることが可能です。
もしこれらに該当する場合は相手が過ごしやすい状況を作ってあげましょう。

 

 

 

 

コメント