貧乏ゆすりをする心理は「ストレス、不安」

スポンサーリンク

貧乏ゆすりをする心理は「ストレスや不安」があります。
正確な理由は未解明ですが、1つの説として自分を落ち着かせるというものがあります。

 

どうして貧乏ゆすりをするのかというと、ストレスが溜まるとこれを発散させたいと思いがあり、何らかのしぐさを起こすからです。
その時に「足をリズムよく揺らす」という貧乏ゆすりでストレスを発散させるのです。

 

また座っている姿勢が続くと血流が悪くなります。
この血流の悪い状態を解消するために、貧乏ゆすりを行なっているという説もあるのです。

 

ここで言えることは、もし会議や打ち合わせ中、デート中に相手が貧乏ゆすりをしていた場合は少し休憩を入れることが必要です。
特に一人でいるときなら貧乏ゆすりをしても問題ありませんが、相手がいる状態ではやや見た目の印象が悪く映ってしまいます。

この貧乏ゆすりの原因が会議や打ち合わせなどの内容によるストレスなのか、血流の悪さなのか正確には掴めませんが、その場で座っている状態にストレスを抱えていることは確かです。

ですから、少し歩いたり、会合を延期したりとその座った状態から何か変化を起こすような行動を取った方が良いでしょう。

 

 

もう1つ言えば、貧乏ゆすりには良い効果も期待できるようです。
貧乏ゆすりのような規則的なリズム運動はセロトニンを活性化させるという説もある他、冷え性やむくみ改善など思わぬ効果もあることも合わせて知っておきましょう。

貧乏ゆすりの原因と隠れた健康効果・適度な“ゆらゆら”が必要なわけ - ライブドアニュース
座っている時に脚がカタカタカタカタ……貧乏ゆすりをしている人を見たらどのように感じますか?おそらく多くの人は「落ち着きのない人だなぁ」「行儀が悪い」「何かイライラすることでもあるの?」と思うのではない

 

 

コメント