異性と目があった時に目が大きくなるしぐさの心理は「興味や関心」

スポンサーリンク

異性と目が合った瞬間に目が大きくなったように感じることがありますが、この時の相手の心理は「興味や関心」です。

人は好きな人を目で追いやすいので目が合う機会は自然と多くなります。
その中でも目が合った時に「目が大きく」なった場合は「相手がこちらに興味や関心」を持っている可能生があります。

 

なぜ目が大きくなるのかと言うと、目は情報を得る大きな器官だからです。
人間が得る視覚・嗅覚・聴覚・触覚・味覚などの情報の中で、7割近くを占めているものが「視覚情報」です。
ですから、好きな人を見た時にその人の情報を少しでも多く取り入れようとして「反射的に目が大きく」なってしまうのです。

 

もっというと好きな人を間近にしたり、楽しいことがありワクワクしている目の瞳孔が少し大きくなります。
この瞳孔が大きくなるということも興味や関心に関係しており、好きでもない物を見た時には大きくならないのです。

 

「目は口ほどに物を言う」というように、異性の目を見ると自分に対してどのような気持ちを持っているか推測することが出来るのです。

 

 

 

 

コメント