会議や打ち合わせ中に時計を頻繁に見るしぐさの心理は「別の用事が迫っている」

スポンサーリンク

仕事の会議や商談中に「頻繁に時計を見る方」の心理としては「次に別の用事があり、その時間が迫っているため焦っている」というものです。

もっと言うと「次の予定が迫っている」と言えます。

 

例えば、

  • 会議や商談の後に次の会議や取引が予定されている
  • 学校の試験の終わり時に近づいている

といったことが考えられます。

 

なぜ時計を見るのかといえば、簡単で「多くの情報を最短で得られる方法」であるからです。
この焦っている時に人は最も外部から情報を得られる「視覚情報」を得ようと考えます。
焦っていないときは「口頭で確認」が出来るのですが、焦っている時は確実に多く情報を得ようと思うので「目で時計」を見るのです。
そのためこの時間に追われて焦っている時は「目」で「時計」を何度も見て時間を確認するのです。

また会議や商談中には自分から打ち切ったり、延期することができないことがあります。
ですから、相手に配慮しながら時間を確認できる方法(時計で時間を確認)で次の用事に間に合うか確認するのです。

 

では、どうしたら良いのかといえば「出来るだけ早めにその会を打ち切り」ましょう。
時間は止めることができませんから、その会自体を早めに終わらせることが重要です。

もしあなたが会議で議長であった場合はその日の会を打ち切るか、次回に延期するか対応してその日は終わりにします。

また議長や進行役ではない場合は、早めに切り上げることを進言するなど配慮されることが良いでしょう。

 

 

 

コメント