変なタイミングで笑うしぐさの意味は「マイペース」

スポンサーリンク

会話をしている時に変なタイミングで笑う人を見たことがあると思います。
こういう方の心理は至って「マイペース」な人間です。

 

通常の会話では笑いの起きるポイントというものがあります。
例えば、話の「オチ」というものなどが挙げられます。

会話を合わせられる人はこの話の中で、笑うポイントはもちろん、共感するポイントや頷くポイント、疑問を持つポイントといったものがわかっています。
こういった方と会話をすると非常にスムーズです。

 

しかし、マイペースな方は「このポイント」がわかりません。
どうしてそこで笑うのかということを相手の会話の中で判断せずに、自分の頭の中に会話を入れて自分で考えるのです。
それが笑うポイントなどに出やすいのです。
本人は「相手の会話の内容」に「自分の意見や経験など」を掛け合わせて考えた上で笑うので話している側としては「何でここで笑うのだろう」と疑問に思ってしまいがちです。

こういった方は笑うポイントがズレていたり、会話の中のおかしなところに疑問を持ったりします。
やや会話としてはスムーズに行かないタイプの人間です。

 

 

しかし、これが出来る人は「大物」や「変人」または「想像力が非常に優れている」とも言えます。

一般的な笑うポイントとズレているため、やや他の人とは異なる感性があるのです。
またなぜそこで笑うのかといえば、本人なりに解釈がありそこがまた面白いのです。

 

 

これは一般的な笑いのポイントとズレているのですが、そのズレというものは「新しい物の見方」としては必要です。
相手がそこでなぜ笑ったのか理由を知れば、あなたにとっても新しい発見になることがあります。

 

そこから「そういう見方で今笑ったのか」「そういうことを考えていたのか」と普段は聞かないような考えが浮かびます。

 

 

「なぜそのポイントで笑ったの?」と聞けばケンカを売っているように聞こえますが、あなたが笑わないところで相手が笑ったことを考えれば、きっと面白い発見があるといえるでしょう。

 

 

 

コメント