自分が近くに寄ると急にしゃべりだす異性のしぐさの心理は「気にかけて欲しい」

スポンサーリンク

自分が近くに寄ると急にしゃべりだす・やや大きな声で話す異性がいる場合、その時の心理は「気にかけて欲しい」です。

特に学校や職場など「話しかけたいけれども話しかけられない何らかの理由」がある場所で、よく起きることです。

 

そして、この時の特徴は「不自然であること」です。
例えば、普段全くしゃべらない異性が急に話したり、自分の近くで全くその異性が仲良く無い友人と仲良くしたりといつもと違うところがあるのです。
「なんかいつもと違うな」と思う状況があれば、この心理に当てはまると思います。

 

 

では、この時の心理とは何なのかというと「好きな人が自分へ注意を向けて欲しい」という気持ちです。
好きな人が近くにいるのに何かの事情や緊張して話しかけられないために、わざと声を大きくしたりして自分の存在を知らせようとするのです。

しかし、好きな人が近くにいるけれども話すことができないというもどかしい気持ちが溜まってしまい、何かしようと考えた末の行為です。
好きな人が近くに来て嬉しいというよりも、自分に気がついて欲しいという気持ちが強いでしょう。

 

 

では、もしこのような状況になった場合はどうすれば良いのでしょうか。
その場合は後日その異性と話すキッカケを掴むようにしましょう。

基本的に異性に自分の存在を気づいて欲しいということは「好意」があるからです。
嫌いな場合は関わりたくないので、相手の視界から消えて存在を消したいと考えます。
何か異性がアピールしているような気がしたら、少し関わりを持つようにしてみましょう。

 

 

コメント