好きな人と話しながら作業をすると手が震えやすいしぐさの意味は「緊張」

スポンサーリンク

好きな人と話しながら作業をすると手が震えてしまう方がいます。
このしぐさの意味は「緊張」です。

 

では、どうして緊張するのかが最も大事です。
そこには「恐怖」という感情があります。

 

恐怖といっても好きな人が怖いということではなく、好きな人の前でミスをしたらどうしようという不安や恐怖のことです。
「好きな人の前で完璧でいたい」「間違いを起こしたくない」という完璧主義な方ほど、この手が震えるしぐさを起こしやすいと言えます。

つまり、目の前の相手に好意が有り、出来るだけ完璧でいたいという気持ちが手の震えを起こしてしまうのです。

ですから、どうでもいい相手の前ではこの「好意」が無いため、手が震えるというしぐさにはなりません。

 

しかし、例外としてどんな人と話す時でも手が震える人がいるかもしれません。

そこで見抜き方としては、他の人と話している時に手が震えているか見てみることです。
もしあなたの前でだけ手が震えているならば、あなたに何か特別な感情を持っている可能生があります。
一方、色んな人の前で手が震えているならば、何か手が震えやすい原因があると言えます。

 

もし相手が自分と話す時に手が震えていたら、この「緊張」を疑ってみて下さい。

 

 

コメント