椅子に深く腰を掛けているしぐさの心理は「リラックス」

スポンサーリンク

椅子に深く腰をかけて座っているしぐさの心理は「リラックスしている」です。
取引先との商談や会議や面接、学校の試験などで相手が深く座っている方はこういった心理をしています。

 

なぜかといえば、足は人間が移動する時や逃げ出す時に最初に動かさないといけない部分で、この部分に心理状況がよく表れるわけです。

深く腰をかけて座っている姿勢ではすぐに逃げ出すことができませんから、突発的な事態にも対応できません。
つまり、椅子に深く腰をかけて座っている姿勢は、「すぐに逃げ出さなくても良い状態であり安心して過ごせている心理状態」だと言えるのです。

 

一方、落ち着かない場合や緊張している場合は浅く座ります。
浅く座っていればいつでも立ち上がって逃げられるからです。

この足には緊張や不安などの心理状態が反映されるのです。

このように深く腰をかけて座れるということは逃げなくてはいけない緊張感がない心理と言えます。

 

 

ですから、相手が深く腰をかけているときは緊張感が和らいでおりリラックスしていますからそのまま続けられると良いでしょう。

一方、相手が浅く座っており深く腰を掛けていない場合は緊張や安心していない可能生があります。
面接や取引先、学校の試験などでこういった座り方をされている場合は、1回緊張を取ってあげると良いでしょう。

 

椅子に浅く座っているしぐさの意味は「緊張」
会議や商談、男女のデートで椅子に浅く座っている方がいます。 このしぐさの心理としては「緊張」です。 他にも具体例としては 肘掛けのあるゆったりとして椅子なのに浅く座っている 長時間の会議なのに浅く座っており落...

 

 

 

コメント