付き合っている異性がそれまでよりも声のトーンが下がったら「関係が落ち着いてきた証拠」

スポンサーリンク

 

付き合っている異性の声のトーンが下がってきたという方がいるかもしれません。
「付き合った頃は声がもっと高く、一緒にいたときのテンションも高かったのに」と思うでしょう。

 

 

声のトーンが下がってきた理由としては、「関係が落ち着いてきた」ということが考えられます。

つまり、「恋愛の初期」 ⇒ 「恋愛の成熟期」に入ったと言えます。

 

 

声とは、心理状態を表すことが多くあります。
好きな人の前ではテンションが上がって声のトーンが高くなりますし、特に女性は好きな人の前では声を高くしてアピールする傾向があります。

 

また普通の状態では声のトーンは高くもなく低くもなく一般的な状態になります。

 

さらに身内が交通事故にあったという電話を受けた際には少し慌てたような声で「本当ですか?」と聞くでしょう。
また怒っている時には、声が低くなって怒るはずです。

 

 

この付き合っている男女の声のトーンが低くなる原因も、恋愛初期のワクワクやドキドキから、落ち着いた関係に変わってきたからだといえます。

恋愛初期には相手の知らないことも多く、魅力が溢れていますが、付き合いが長くなると知っていることが増えるので、緊張感よりも落ち着きを感じるようになるのです。

この恋愛初期の緊張感はおおよそ2〜3年ほど続きます。

 

つまり、長く付き合っている男女が声のトーンが付き合った時より下がっていれば、お互いに仲が深くなっているともいえるのです。

 

 

しかし、注意することは「関係が冷めてきたか」ということです。

関係が冷めてくると声のトーンが下がります。
ここは相手の反応を見て、自分が落ち着いて過ごせる相手だから、声のトーンが下がったのか、または恋愛が冷めてきたからなのか見極めないといけないでしょう。

 

 

 

 

コメント