群集心理:悪い人間が集団をなして襲いかかる(集団が悪いわけではない)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

群集心理とは

群集心理という物があります。
この群集心理には「人が集まると抑制がきかなくなる」というものがあります。

 

この群集心理は普段一人では悪いことをしない人でも集団になってしまうと悪いことを行なった時に歯止めが利かなくなるというものです。
そのため集団で悪い方向に流れてしまうと、そのまま悪いことをしてしまうということです。

 

例えば、犯罪などがあります。
個人では犯罪をしない人間でも、集団になることで犯罪をしてしまうというものです。

日本での有名な例としては2018年の渋谷のハローウィンがあります。
これも群集心理の1つです。
以下twitterです。

 

一人ではできないことも集団では歯止めが利かなくなります。

 

しかし、群衆心理が起きない人もいる

ここで大事なことは群衆心理が起きない人がいるということです。

全ての人が集団になると悪さを行なうわけでは有りません。
悪さをする人間が集団になると危険なのです。

 

つまり、集団になっても悪さをしない人間はごまんといるのです。

本来は悪さをした時に止める人間がいるのですが、悪さを企む人間が集団を組む(良い人が居ない)ので抑制が効かないのです。

良い人が集まれば「良い方向」に働き、悪い人間が集まれば「悪い方向」に行ってしまうのです。

 

群集心理はここが大きなポイントで、会社や学校、グループなどの組織も良い人が集まれば良い事業を起こしますし、悪い人間が集まれば悪い事業を起こしてしまうのです。

 

コメント