「◯◯してくれる?」「◯◯やってくれる?」と言う口癖の人の性格は、頭が切れて賢い人だと言えます。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 口癖


 

会社や学校などで「◯◯してくれる?」「◯◯やってくれる?」という口癖の人がいるかと思います。
こういった人は、何かとお願いごとをしてくるので、やや煩(わずら)わしく思えるものです。

 

 

では、この「◯◯してくれる?」「◯◯やってくれる?」という口癖の意味はというと、疑問系の言葉で相手に聞くようにみせながら、実は強制的にお願いを断れないような状況にしているのです。

 

ですから、この言葉が口癖の人は、かなりの曲者です。
本人は自然とこの言葉をしゃべっているかもしれませんが、相手が断れないような環境を自然と作り出しているのです。

 

 

この言葉は「◯◯してくれる?」「◯◯やってくれる?」と一見すると、相手に伺いを立てているように聞こえます。

しかし、この言葉は相手に聞いているのではありません。
何か質問を聞いている時の疑問系ではないのです。

 

 

この言葉は、本人としては自然と言ってしまうことかもしれませんし、出来るだけ丁寧な言い方で言ったつもりかもしれません。
相手に対して配慮して優しく言おうと考えていることもあるでしょう。

 

しかし、この言い方では「命令口調」の「疑問系」なので、聞いた側としては「絶対にやらないといけない(断れない)」と感じてしまうのです。

ですから、この言い方をされると、相手は断るという選択肢が持ちにくくなってしまうのです。
聞いた側としては、質問系の文章ではなく、命令系の文章に感じてしまいます。

 

 

この口調は特に上下関係がある場所でよく見られます。
例えば、仕事場なのでは上司が「この仕事、明日までにやっておいてくれる?」と部下に言うことがあるでしょう。

また家庭でも「このハガキを郵便ポストに出しておいてくれる?」と言ってしまうことがあるかもしれません。

 

 

ですから、もし相手に言葉を言うならば「〜してください」と命令口調に言う方がハッキリとしているので好感が持てます。

 

または「事実」を深く付け足すことで、相手に理解をしてもらった上でこの言葉を使うという方法があります。
「このハガキを今日中にどうしても出さないといけないから、郵便ポストに立寄って入れておいてくれる?」と言った具合です。

 

こうすることで、相手が「なぜそれをしないといけないのか」という事情を理解できるので、命令系の文章であっても納得してくれる可能生があるのです。

 

 

この「◯◯してくれる?」「◯◯やってくれる?」が口癖の人は、一見すると丁寧にお願いをしているかもしれませんが、実は命令系で話をしています。

 

しかし、無理にに命令系の文章を使えば、相手と正面から衝突してしまうことがあると思っていますので、このように疑問系を使うのです。
この言葉が口癖の人の性格は、巧みに言葉を操って相手に不快な思いをさせないように、努力をしている節が見られるので、非常に頭が切れる・頭の良い人だと言うこともできます。

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

口癖
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント