「お手数をかけますが…」「申し訳ありませんが…」が口癖の人の性格は、相手を丁寧に自分の思うように動かしたい人

スポンサーリンク

 

「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」が口癖の人がいます。
この「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」をよく使う人は、相手に丁寧に要求や説得ができる性格の人です。
もっと言うと、人の心をうまく理解できる人物とも言えます。

 

例えば、この言葉がどのように使われるのかというと、仕事で上司が部下に対して「仕事が忙しい中、申しわけないんだけど、今日ちょっとだけ残業してくれない?」と言うことがあります。

 

この「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」を使うと、相手に対して「今のあなたの状況はこちらも重々理解していますが、こういったお願いがあります」と相手に対してやや謙ってお願いをしています。

 

そのため、この「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」という言葉を聞くと、相手はこちらを理解した上でお願いしていると感じてしまうのです。

ですから、この言葉を入れるだけで、相手に対してこちらが優位な形でお願いをしやすくなるのです。

 

 

この「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」が無い場合は、「今日ちょっとだけ残業してくれない?」と唐突に聞いてしまう形になってしまいます。

このように、唐突に話を聞いた側は「強く要求や説得をする印象」を受けてしまいます。

 

つまり、このように「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」が有るか無いかでは、聞く側としても全く印象が異なるものになるのです。

 

 

これは「同調効果」という心理効果があり、相手の心情に理解や肯定を示すことで、こちらの説得や要求を承諾してもらいやすくするというものです。

仕事や恋愛で「反対する相手」を上手に説得する方法は、「相手を肯定する逆説の言葉」を「自分の主張」の前に入れること
ビジネスでの商談や恋愛のデート中に、相手を説得したいと思うことがあると思います。 そんなときに役立つ心理テクニックがあります。 それは「相手を肯定する逆説の言葉を自分の主張の前に入れる」という方法です。 この方法と使うと、...

 

ですから、「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」を使ってお願いごとをしてくる人は、ある意味では人心掌握術に長けているとも言えます。
つまり、人の心をうまく操作する、相手に理解してもらう、説得することが上手な人とも言えます。

 

 

ただ、この「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」を口癖にしていると、人によっては舐められたりケンカを売ってくるような人もいるので覚えておきましょう。

「お手数をかけますが」「申し訳ありませんが」を使うと、下手に出て弱そうな印象を受けるので、相手がこのような行動を取ることがあるのです。

 

 

コメント