結婚相手に向いてる男性の特徴は「自分と雰囲気が似ている」「ありがとうが言える」「年上の男性」です。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 婚活と結婚


 

結婚に向いている男性の特徴を7つ紹介します。

スポンサーリンク

結婚に向いている男性の特徴は「女性に無いものを持っていること」

結婚に向いている男性とは、女性に無いものを持っていることです。

基本的に男女は相互補完の関係にあり、男性ができないことを女性が、女性ができないことは男性が行なうという形になると、お互いを必要とするので上手くいきやすいのです。

こういった男性は女性が魅力的に思いやすいので、関係も長く続く傾向にあります。

 

また、③で紹介するような「ありがとう」が言える男性や、⑦で紹介するように、年上の歳の差がある男性など、女性が男性を魅力的に思える要素は特に必要です。

 

スポンサーリンク

結婚に向いている男性の具体的な特徴7つ

① 自分が絶対にコレは外せないと思っているものを持っている

女性にとってコレだけは外せない、この要素だけは男性に求めたいというものが有ると思います。

例えば、「優しい男性が良い」「自分より背が高い男性に憧れる」「お金を持っている男性が良い」などそれぞれ好みがあるでしょう。

そういった好みについては、絶対に外せないものを選んで、それだけは大事にすることをおすすめします。

 

やはり本人がそれまで生きてきた中で、積み重ねてきたものは崩すことは容易では有りません。
むしろ、女性本人が「これがは絶対に大事だ」と思えるものは、その後の人生でも大事になると言えるのです。

 

ですから、結婚をする男性にも「コレだけは外したくない」という要素を1つか2つ持っておきましょう。
ただ、この要素が多すぎると、それに有った男性を見つけることは困難ですから、結婚相手の男性と出会うことは難しくなります。

 

② 何となく自分と近しい性格や雰囲気をしている

自分と近い性格や雰囲気を持っている男性とは、上手くいきやすい傾向にあります。

例えば、おっとりした性格の女性は、男性も穏やかな雰囲気の男性やのんびりした男性が合いますし、キビキビとした女性は同じようにテキパキとした男性が合います。

実際に街中を見ても、夫婦の雰囲気はそっくりなことが多いです。
これは容姿ではなく、雰囲気のことです。

 

では、どうして同じ雰囲気の男性を選ぶと良いのかというと、「ストレスが少ない」からです。

性格が大きく違う人は、普段の私生活から自分と合わないことも多く、生活をする上でストレスになることが多いのです。
これは恋愛では、お互い別々の家に住みますし、会っている時間も限られますから、意外と気がつかないことでもあります。

 

人は大人に成るまで積み重ねてきた性格や生活を大きく変えることができませんから、それを無理に変えようとする、変えられようとすると大きなストレスになるのですが、これが結婚生活に影響をしやすいのです。

ですから、自分と全く違うタイプの男性を選ぶと、恋愛では刺激が有って良くても、結婚では続かない、続けられないことがあります。

 

③ 「ありがとう」がしっかりと言える(女性向け)

女性の方が覚えておいて欲しいことは、男性がありがとうがしっかりと言える人かどうかです。

これは歳をとった女性がよく分かるのですが、普段の私生活で「ありがとう」という言葉は非常に重要だと分かります。

 

この言葉は、夫婦間の潤滑油のようなもので、この言葉が「有るか無いか」で夫婦関係が大きく変わるのです。
特に女性はこの「ありがとう」がないことで夫に対して、不満を持ちやすい傾向にあります。

 

もし男性を選ぶときは、「ありがとう」が自然に言える相手かどうかを見ておくべきです。
特に男性は女性よりも「感情を表現しない性」なので、結婚後は特に女性が「何をしてもありがとうと言ってくれない。」と不満に思うのです。

家事や料理など、自宅の細かな仕事を女性がすることが多いのですが、細かな仕事なので男性が「ありがとう」と言わずに、それが溜まっていき後に爆発することがあるのです。

 

もし男性を見るなら、出会う前から「ありがとう」が言えるかどうかは大きなポイントです。
結婚前に言わない男性は、結婚後に言うことは少ないからです。

 

④ ある程度の将来の見通しがつく

男性と結婚しても明日が見えないという状況では、やや大変です。

例えば、フリーターやバンドマンと言ったように、少し将来が見えにくい職業の場合です。

 

では、どうしてなのかというと、女性には夢を目指す男性を応援したいという素晴らしい面がある一方で、経済的な面を重視するという面があるからです。

女性は大昔から妊娠をして出産をしてきましたが、妊娠〜出産〜育児の過程では、体を動かすことが難しいので、男性に食料の調達などを頼る必要があるのです。
そういうこともあり、女性は男性に経済力を求めますが、男性がある程度しっかりとしていないと女性が不安を感じやすいのです。

もちろん、将来といっても人生は一寸先は闇ですから、明日何があるかはわかりません。
しかし、「何も無ければ大丈夫だな」という経済的な安心感は、性差を元に考えると、男性は不要でも女性にとって必要だと言えるのです。

ですから、ある程度将来が予想できる男性は結婚に向いていると言えるのです。

⑤ 怒ったときや機嫌が悪い時に暴言や暴力をしない

もし男性の本性を見たい時には、怒った時を見てみると良いでしょう。
人は感情を出した時には、本性が出るからで、怒ったときは本性を知る最適な機会です。

また人は、好きな相手よりも嫌いな相手やどうでもいい相手に対して本性を出す傾向があります。
そのため、女性である自分以外にも、その男性が嫌いな相手に対してどんな態度でいるかを見る必要があります。

最近はdvなどの問題があるので、女性としては男性が怒ったときに手を上げたりしないか、暴言を吐いたりしないか確認しましょう。

 

⑥ 少し不思議な縁がある

世の中には、不思議なもので「縁」というものがあります。
男女にも縁があり、女性が不思議と惹かれるような男性がいるので、こういった男性と出会ったときは機会を逃さないようにします。

例えば、「何だか分からないけれど、以前にどっかで出会った気がした」「お互い何も知らないのに偶然再開した」「結婚したら親の誕生日と親の結婚記念日が同じだった」というように、何か「縁」という力が働いたようなものがあるのです。

 

世の中には色々な考え方がありますが、その1つに「前世で近しかった相手」というものがあります。
ソウルメイトなどとも呼ばれますが、その男性が自分と関係する者であったという可能生があるのです。

 

こういった男性とは、それが自然な出会いであれば、何かある縁のようなものがある可能生があります。

 

⑦ 男性の方が年上である

面白い研究に「379人の女性」を調べて離婚の状態を調査した結果があり、そこで12歳差の夫婦は16組中離婚した夫婦が無かったということがありました。

実は女性にとって、結婚相手が年上の男性だと大切にされやすいということがあります。
また女性も年上の男性の方が、精神的に落ち着いており夫婦関係が破綻しにくいということがあるのです。

 

本能的な部分を見ても、男性は若い女性が好きですし、女性は年上の男性に憧れる面が見られますから、この歳の差の組み合わせは結婚生活が上手くいきやすいといえます。

 

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

婚活と結婚
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント