「なぜ婚活では好きになれないことがあるのか」というと、婚活のシステム自体が結婚に合わないため。

 

なぜか「婚活をしていても好きになれない」と思うことがあると思います。
これはすでに結婚してしまった方にとっては、辛いことですし、今現在婚活をしている人にとっては悩ましいことだと思います。

 

 

確かに、婚活では自分の好きなタイプの異性をきめ細かく条件で指定します。
その条件に合った異性とだけ婚活の面談をして、お互い意気投合すれば段階が進んで行きます。

ですから、「条件にあった相手」が選ばれ「結婚に進むもの」ではありますが、現実には「相手を好きになれない」という方も多く居ます。

 

 

では、なぜそうなってしまのかというと、「婚活のシステム自体が結婚に合った物でないから」です。

 

婚活は異性を見つける仕組みがシステム化されたものですが、これは必要な時間や労力が効率化されただけで、人間が人を好きになる心理や気持ちの部分は全く考慮されていないシステムであるからです。

 

 

人は自分が好きな異性のタイプを見つけると、一目惚れをしたり、好きになりやすいことは確かです。
婚活もこの相手を見つけることには、確かに向いていると言えます。

 

しかし、人の関係性の構築には時間が不可欠で、お互いに一緒に居た時間や何かを共有した経験、ケンカなど試練を乗り越えた経験が必要になります。

 

こういった「過程」を無視してしまうと、相手との関係性が強固になる前に結婚してしまうので、後から齟齬が生まれることがあります。
婚活では、この「過程」を無視して結婚してしまうことがあるのです。

 

 

ですから、婚活で出会った人と時間を共有して、お互いの気持ちや考えを話し合ったり、そういった積み重ねがあって初めて関係性が強くなっていかないと、結婚後に「これで良かったのかな」と後悔してしまうことがあるのです。

 

 

もし、婚活相手と結婚する際には、「婚活をして結婚した」という意識を消すことです。
この人が良かったから結婚した(この人だから結婚したい)という意識を持つと、婚活で結婚しても「好きになれない」ということが少なくなるのです。

 

婚活ですぐに相手を選んで結婚しようとすると、こういった齟齬が生まれやすくなります。

もし結婚されている場合は、結婚後に一緒にいる機会を増やし、一緒に深く話し合ったりお互いを理解する経験をして、関係性を強めて行くことが必要になります。

 

婚活を虚しいと思ってしまう理由は、相手を機械的に事務処理のように選んでしまうことが原因
婚活をしていると「何だか虚しいな。」と感じてしまう人が多いのではないかと思います。 婚活が上手くいっていても、または上手くいかなくても、このように感じてしまう人は実は多くいるのです。 では、なぜ婚活が「虚...

 

婚活と結婚
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント