婚活を虚しいと思ってしまう理由は、相手を機械的に事務処理のように選んでしまうことが原因

 

婚活をしていると「何だか虚しいな。」と感じてしまう人が多いのではないかと思います。

婚活が上手くいっていても、または上手くいかなくても、このように感じてしまう人は実は多くいるのです。

 

 

では、なぜ婚活が「虚しい」と感じてしまうのかというと、恋愛や結婚という自然に育んで行くものを事務処理のように行なってしまうからです。

 

婚活というのは相手の条件や自分の希望から相手を選んで行くというシステムです。
これは自分の理想の相手を選びやすいという利点がある一方で、相手をオートマチック(機械的に)に選んでしまうというプロセスがあります。

 

この機械的に相手を選んだという行為が、まさに事務処理のように感じてしまうため、婚活が虚しく思えてしまうのです。
自分の感情を無視して、相手を絞るので、まるで誰かに結婚させられているように感じてしまいます。

 

 

人間が人を好きになる時には、相手の条件というものよりも、まず感情が大事になります。
恋愛や結婚には条件よりも、感情が必要になり、条件が合うから「好きになる」というものでもないのです。
この感情が無いと、相手のことを深く知りたい・もっと一緒に居たい・スキンシップを取りたいという愛情が湧かなくなってしまうのです。

 

婚活では、「感情」よりも前に「理屈や論理」だけで選んでしまうので、相手に対してこういった愛情を持ちにくいのです。

 

みなさんも学生や若い時に、異性のことを好きになって「もっと仲良くなりたい」「付き合いたい、好きになってもらいたい」という気持ちを持ったことがあると思います。

 

これは「好き」という気持ちを持ったために、相手のことを知りたいと自然と欲する感情です。
これを見ると分かるように、婚活にはない「自分の意思」があります。

 

しかし、婚活では条件などで相手を絞ってしまうので、この「自分の意思」を省略してしまいます。

婚活は結婚相手を見つけるという目的があるために、相手との関係性も「目的があるもの」になりやすく、感情や意思を無視してしまいます。
そうなるために、婚活が結婚させられているみたい・なんだか虚しいと思いやすくなるのです。

 

 

むしろ本来は、相手を好きになってから「もっとこうだったら良いのにな」という不満が出やすいものです。
そこで、我慢できる範囲ならば関係は続いて行きますし、我慢ができない範囲になれば、関係は崩れて行きます。
どんな相手にも自分の理想と比較した時に、理想との過不足が発生するので、これは本来人間的なものでもあるのです。

 

 

婚活の最大の欠点は「恋愛相手を数値化、デジタル化してしまうこと」です。

婚活の最大の欠点(デメリット)は「恋愛相手を条件で数値化、デジタル化して見てしまうこと」
「婚活の欠点やデメリットは何だろうか」と感じることが有ると思います。 婚活の最大の欠点(デメリット)は、相手を数値化・デジタル化して見てしまうことです。 婚活をしたことがある方は分かりますが、婚活では相手の条件を元に会う相手...

人工知能やAIで相手を選出しても、自分と相手が自然に結ばれた、或いは自分たちが努力して恋愛関係や結婚に至ったという過程が無いと、人間の心は満たされないのです。

 

 

ですから、婚活では、その仕組み自体が「機械的なもの」であるために、もともと充実感を感じにくいものなのです。
確かに技術の進歩で条件に合った相手は見つかっても、人間の感情が満たされるかどうかは別の話です。

私達は誰かが用意した相手を選ぶというよりも、自分で選んだという過程が必要なのです。

 

 

解決方法としては、婚活で相手を選ばないこと、または婚活をして出会った相手と時間をかけて関係を積み重ねて行くことです。

出来れば1年以上はお互いにデートをして、婚活で選んだと思わない関係性まで発展させることです。

こうすることで、「婚活で出会ったから結婚した」という理由から「婚活はキッカケだったけど、それからデートを重ねてお互いのことを理解して行くことができた」と納得した結婚ができる可能生があります。

本人同士が婚活で出会ったことを忘れて居られるような関係になれば、「婚活で出会ったので虚しい」とは感じなくなります。

 

 

婚活と結婚
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント