人間心理を見ると、夫婦喧嘩の原因とは「表層」ではなく「深層心理」にある可能生があります。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 婚活と結婚


 

夫婦喧嘩が耐えない夫婦や何故かケンカしてしまうという方がいます。
その原因は心理的なものが起因となっている可能性があり、潜在意識が原因という可能生があります。

 

スポンサーリンク

夫婦喧嘩には深層心理が関係している

 

みなさんも機嫌が悪い時に、他の人に対して怒ってしまったことがあるでしょう。
しかし、後から思えば「それほど腹立てることではなかった」ということもあるはずです。

これはその時の機嫌が悪いため、普段であれば怒らないことちょっとしたことでも腹を立ててしまうということです。

 

これと同じように潜在意識の部分で夫や妻に対して不満があると、夫婦喧嘩も同じように起きやすくなってしまうのです。怒る程のことでなくても怒ってしまうのは、その時の機嫌の他に、潜在意識が影響していることもあります。

 

潜在意識とは、表層の意識ではなく心の深いところ意識のことです。
これがどのように影響があるのかというと、

例えば、小さい頃に犬に噛まれた人はその時に怖い思いをして「犬=怖い」ものだと思ってしまいます。その後成長して本人が大人になると、犬を見た時にその記憶は忘れており、犬を「カワイイ」と思うことでしょう。

しかし、その時には表層の意識では「犬がカワイイ」と思っていても、潜在意識では「犬=怖い」と思い、体が硬直(緊張状態)しているのです。

 

このように、人間は表層と潜在意識が全く別のものであることが多々あり、それが夫婦喧嘩に繋がることがあるのです。

 

例えば、潜在意識として離婚や不仲に繋がりやすいこととしては、

  • かつて不倫をしていて相手にバレた
  • 恋愛相手に浮気をされて別れを申し出された
  • 生活できないほどの経済難
  • 過去の異性経験

など、相手に対して不満を持ちやすい状況・状態がある場合です。

 

こういったことは、その時に「しょうがないから許そう」と思って許したつもりでも、潜在意識の部分では「許していない状態」であったりすることが多くあります。

そうすると、ふと相手が行なったことに対しても腹を立ててしまい、夫婦喧嘩や離婚に繋がるキッカケになってしまいます。
ある芸能人にもいましたが、かつて恋愛相手に浮気をされてそれから男性のスマホを無断でチェックしたり、男性が信じられなくなったとあります。
あれは潜在意識に男性=浮気という意識が刷り込まれているからです。

潜在意識に相手に対する不満があると、体の部分ではしっかりとそれを記憶しており、表層はそれを感じ取っているのです。

 

他にも、テレビなどが良い例で毎日放送で夫をけなすような番組を作っていますが、あのような番組を見ていると「潜在意識に夫はけなすもの」と見てしまうようになるのです。
強烈な印象(例:犬に噛まれた)以外にも、毎日少しずつ同じ情報を与えることで、人の潜在意識に刷り込むことができるからです。

ですから、ふとした瞬間に夫に対して、心ないことを言ってしまったり、冷たい態度で接したりしてしまい、そういったことが重なると不和や離婚に繋がるのです。(逆もしかり)

 

この潜在意識の話は、マスコミも多く取り上げていないため多くの方が知らない現実でもあります。
しかし、昔はこういった人間心理について多くの人が知っていたため、それが法律ではない秩序や規範、マナーといった部分に落とし込まれ、それが恋愛や結婚で活かされていました。

昔は恋愛が忌避されたり婚前交渉が避けられてしましたが、その裏にはこういった男女の深層心理についての深い考察があったからです。一見すると嫉妬のように見えますが、本当はもっと深い考察があったのです。

現在はそれらが無くなってしまい、無秩序になってしまったので、こういった知恵が活かされること無く、日々時間だけが過ぎるようになりました。

 

 

話をまとめると、人はただ苛立つから怒るということだけではなく、その人に対する潜在意識が重要なポイントです。
多少の意見の相違はどんな夫婦でもあることですが、夫婦喧嘩を繰り返す場合は潜在意識に原因があることがあるのです。

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

婚活と結婚
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント