デートでは全国チェーン店はやめた方が良い理由。特に始めてデーとする相手の女性には評判が悪いです。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 恋愛心理


 

Twitterなどでもしばしば討論される話題についてです。

好きな人とのデートや恋人とのデートでは「全国チェーン店」は避ける方が無難です。

 

全国チェーン店とは、日本のほぼ全国に店舗を出しているファミレスや飲食店・コンビニなどが代表的です。
地域チェーン店とは違い、どこの都道府県の人でも知っているお店のことを言います。

 

スポンサーリンク

全国チェーン店を避けるべき理由

では、なぜデートでは全国チェーン店を避けるべきかと言えば、「どこにでもあるお店でデートを済ませられたと思われるから」です。
つまり、デートの相手に自分のことを大切に思っていないと思われてしまうことが理由です。

 

全国チェーン店とは、どこにでもあるお店です。
デートで都会や観光地で全国チェーン店に入るということは、「デートをしっかりと計画していない、考えていない」と相手に思われてしまうのです。

 

デートをしっかりと計画してくれるなら、その地域の美味しいお店や有名なお店・またはデート相手の好みにあるお店など何らかの理由があってその場所に連れて行ってくれます。

しかし、全国チェーン店はどこにでもあるお店ですからそこに連れて行かれるというのは「デートを適当に済まされた」と相手は感じやすいのです。

 

 

そうすると相手がデートに不満を持ったり、そんなデートを計画した相手への恋愛感情が冷めてしまうのです。

これが意外と男性には気づきにくい欠点でもあり、知らない間に女性と仲が悪くなったりしてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

チェーン店を使ってはいけない2つの理由

では、なぜ全国チェーン店がデートで使ってはいけないのかについて、2つの理由があります。

 

まずどこにでもあるということは「デートで利用する価値が低い」とも言えるのです。
デートは特別な時間ですから、男性女性にとって有意義に過ごしたいものです。
その地方の特産品を食べたり、オシャレな空間で食事をとりたいと思うことが一般的です。

 

しかし、全国チェーン店はデートでなくても行けますし、お腹を満たすためだけにそのお店に行ったと感じやすいのです。
「自宅の近くにもあっていつでも行けるお店にどうしてわざわざ行くのだろうか」と相手は落胆してしまうわけです。

 

 

もう1つは女性の心理があります。

特にデートで全国チェーン店に連れて行かれると不満に感じる女性がいます。
男性は「ご飯が食べられればどこでも良いよ」という方もいますが、女性の場合はやや複雑です。

女性は男性に「自分(女性)のことをどれだけ大切に思っているのか」を恋愛や結婚関係で重視します。

 

それがデートで全国チェーン店に連れて行かれるとデートだけではなく、「自分(女性)のことも大切に思っていない」と感じてしまうのです。
つまり、デートの内容は女性にとって「相手が自分のことをどれだけ考えてくれているか」を確かめるものでもあるのです。

 

スポンサーリンク

しかし、どこかに寄った帰りに立寄るのはOKです。

全国チェーン店は必ずしもデートで悪いわけではありません。

例えば、水族館デートの帰りに全国チェーン店のカフェでドライブスルーをする、といったようにデートのメインにしなければ許されます。

これならデートを適当に済ませたという印象を避けることができますから、全国チェーン店でも気にすることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

恋愛心理
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント