会話中の異性が目が合った状態から逸らす意味は、緊張感を下げるため

スポンサーリンク

 

好きな異性と会話をしている時に、相手が会話中に目を一瞬逸らしてまた目が合うという瞬間があります。

 

なぜあのように目を逸らして、また目を合わせるのかというと「お互いに見つめ合っている緊張感を和らげる」ためです。

 

目をじっと見つめ合っていると人はお互いに緊張してしまいますね。
じっと見つめていると相手からは「何でこんなに見るんだろう」と緊張をさせてしまうはずです。

 

この状態を回避する目的で、会話中には適切なタイミングで視線を外しているのです。
「好きだから目を逸らす」というよりも「お互いに緊張しない雰囲気を作るため」と言えます。

つまり、会話や場の雰囲気を適度に保つという目的です。

 

 

他にも犬を買っている方はご存知かもしれませんが、犬を長く見つめる行為は犬にとって「敵対」とみなします。

ですから、犬をじっと見つめていると「ヴゥ〜」と怒られてしまうことがあるのです。
人間でも同じでケンカする時には、お互い睨みつけ合って「火花」がバチバチ飛んでいますね。

 

 

人間もこれと同じようにじっと目を見つめる行為は「大変親しい関係を持っている」か「憎悪を持った嫌いな相手を睨みつける時」くらいしかできないのです。

ですから、通常の関係では長時間見つめることは稀なことです。

 

 

実は人がお互いを見つめる場合は「5秒まで」が限界で、長時間見つめ合うことができるのは特別な関係だけです。

異性と4秒以上お互いに見つめ合っていると、性的興奮や緊張感が生まれやすい
異性と4秒以上見つめ合っていると、性的興奮や緊張感が生まれやすいという心理があります。 こちらにも面白い実験結果があり、4分間見つめると恋に落ちるというものです。 ですから、好きな異性と仲...

 

 

このような緊張状態を避けるために、人は「目を合わせては」「逸らす」という行為をしているのです。

多くの人はこれを自然とやっていますので特別な意味はないと考えて良いでしょう。

 

 

コメント