女性が良い男性を恋人や結婚相手にしたいならば、女性も頭が良くないといけない理由は、男性の深みを知らないといけない。

スポンサーリンク

 

もし女性が良い男性を選びたいならば、女性も頭が良くないといけません。

 

これは女性も男性も同じく共通して言えることです

 

男性も女性も相手を選ぶ時には、相手の良さが分かるだけ頭が良くないといけないということです。
つまり、相手の異性が素晴らしい人であっても、それを理解するだけの頭の良さが無ければいけないということです。

 

例えば、男性から言葉をかけてもらったとしましょう。
そして、その言葉は単純なものではなく、少し複雑な意味を含むものです。

そういった言葉を貰った時に、女性側の理解力が試されます。
男女はお互いに視点が違うので、理解することが難しく、男性は男性としての理解・女性は女性としての理解になりがちです。

しかし、そこを乗り越えて理解できるかどうかでその男性をどれだけ理解できるか大きく変わるのです。

 

 

もし女性がここで理解できない場合は、男性を悪く思ってしまったり、勘違いしたまま過ごしてしまうことになります。
つまり、良縁の可能生があったのに、理解力が無いために通り過ぎてしまったということが怒る可能生があるのです。

それだけ「物事の理解力」「洞察力」「感性」というのは人生も左右するものなのです。

 

 

物事を理解するには「言い手」だけでなく「聞き手」の能力が非常に重要です。

「馬の耳に念仏」と言ったように昔から聞く側が重要だという言葉が残っています。

 

 

男女が逆の立ち場でも同じです。
女性が素晴らしい人でも男性がそれを理解できないようではダメなのです。

女性は大変気が利く人も多いのですが、それを知らない男性も多いのです。
これでは女性もかわいそうです。

 

 

また女性に多いのですが、理屈よりも感情が先走りすぎると大局を逃してしまうことがあります。
つまり、感情的になると良い男性がいても逃してしまうことがあるということです。

「あの人は嫌いだから何を聞かれても無視する」と言ったように、感情で結論を作ってしまうということです。

 

女性としては、男性のように理屈を少し考えてみると、その男性が何を意図していたのかよく分かるようになります。
そうすると、その男性が他の男性と比較した場合、どれだけあなたのことを考えていたのか後になってからやっと分かることもあります。

また、どれほどその男性が頭がいい男性のなのか、思慮深い男性なのか、勇気がある男性なのかということも分かるでしょう。

 

 

これは「嫌いな男性と付き合え」ということではなく、その男性の深意を知ることが、男性を知って行くことに繋がり、良縁に結ばれるためにも必要というわけです。

 

 

コメント