「女性を怒らせる」男性がデート中にやってはいけないこと

スポンサーリンク

女性と男性は大きく違いがあるため、男性が気づきにくいことがたくさんあることが普通です。
特にデート中に女性を怒らせたり、ガッカリさせるためやってはいけないことがあります。

女性の話を聞かない、無視する、遮る

女性にとってコミュニケーションは命です。
特に女性は会話や言語能力が優れているため「話をする」ことによってコミュニケーションを取ります。

ですから、この女性の話を無視したり・聞かなかったり・遮って話してしまうと女性を怒らせてしまい最悪の場合は嫌われてしまうのです。

特に男性は会話によるコミュニケーションよりも「どこに連れて行けば楽しんでもらえるか」といったように行動で示そうとしてしまいがちです。
自動車の運転中はもちろん女性とは会話をしっかりしてコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

道に迷う

この場合は女性を怒らせるというよりも「ガッカリ」されます。

「道に迷う」と女性から見ると「頼りにならない男性」と思われることがほとんどです。

その理由は女性が地図を見ることが苦手だったり、方向感覚が皆無だったり、道に迷うからです。
女性が得意なことは男性ができなくても問題ありません。
それは女性にやってもらえば良いのです.

しかし、女性が思う「男性が出来て欲しいこと」が出来ない場合は女性はガッカリしてしまうのです。
女性よりも男性の方が地図を見る能力は高いですから、女性も男性に任せたいという気持ちがあるからです。

女性が男性に任せたいと思うものに関しては間違えないようにしましょう。

 

運転が下手

デート中の車の運転が下手だと女性をガッカリさせます。

傾向として女性は車の運転が苦手です。
女性は空間認識能力よりも言語能力が秀でており、どちらかというと苦手な人が多いのです。

一方、男性は言語能力よりも空間認識能力の方が高く、自動車の運転が得意な傾向にあります。
女性と男性を比べるとたとえ個人差はあっても男性の方が車の運転が得意なのです。

女性もこのことを肌で感じているため男性に車の運転を任せたいと考えています。
女性は男性に車の運転は上手であって欲しい、少なくとも普通に運転はして欲しいと思っているので女性とデートをした時には事故や乱暴な運転は極力避けないといけません。

女性は配慮がない運転で乗り心地が悪いと、怒るとまでは行かなくてもガッカリしてしまいます。
車間距離をしっかりと空ける・カーブの前でスピードを落とす・黄色信号でスピードを上げない・ブレーキの加減を考えるなど助手席に乗る女性が心地よく安心して乗れるようにしておくことが理想です。

 

飲食の休憩を入れるなど配慮が無い

女性とデートをするときは休憩を取るようにします。
これは女性の方が体力的に男性よりもハンデが大きいからです。

女性と男性の違いというと1つに体力があります。
男性は運動も得意ですし、体の構造から見て筋力が高いので女性よりも体力があります。
女性は筋力よりも脂肪が付きやすく、男性のような筋力がありません。
一節では妊娠をして体を冷やさないために脂肪を付けると言います。
ちょうど妊娠が可能になる思春期頃から脂肪が付き始めることを考えれば、この考え方は理にかなっていると言えます。

ですから、女性の方が同じことをしても使う体力が違います。
屋外でのデートでは休憩にカフェに入ったり、座れる場所を選んだりしましょう。

 

また女性ならではの理由もここには存在します。
それは女性は「化粧をする」ということです。

デートの時に食事をすると口紅が汚れますし、または暑い屋外を歩いたりすると汗をかいてしまいます。
男性は特に気にならないかもしれませんが、女性としては自分の身だしなみが崩れるので直したいと思うものです。
そこで鏡のある場所や女性しかいない場所(お手洗いなど)で化粧直しをするのです。

ですから、デート中は休憩は多めに取っておく方が良いのです。
特に食事や屋外を歩いた後はトイレ休憩として休憩を取るようにしましょう。

 

コメント