女性の⑦つの脈アリサインである「しぐさ・行動」のポイントは「首」「視線」「目」「会話」「体のライン」など

 

女性には脈アリサインとしてのしぐさや行動が多数ありますが、ここではいくつか抜粋して紹介していきます。

 

他の男性の時と行動が変わる・変化する(脈アリまたは脈無し)

女性の脈アリサインとしては「他の男性の時と行動が変化する」ということがあります。
嫌いな人や好きな人と話す時は、他の男性との態度が変わります。

例えば、普通の人と話す時は笑顔であり、あなたと話す時には表情が固くなる場合は「何か他の人とは別の感情を持っている」と言えます。

この場合は嫌われている可能生もあれば、好意があり相手が緊張している場合もあります。

 

1つのしぐさが有ったから、脈アリというのではありません。
つまり、「他の男性と自分ではその女性の態度やしぐさが少し違う」という観察結果から、脈アリかどうかということが導きだせるのです。

 

このように、「他の男性に対する態度の変化」「他の男性に同じことをしているか」などをよく観察して比較しておきましょう。

特に以下の要素は他の男性と自分で比較してみましょう。

 

遠くから見つめて、目が合う瞬間に逸らす

女性は好きな男性を見ると遠くから見つめたり、目が合うと逸らすしぐさをします。
特にまだ親しい関係ではない男性に対しては「遠くから見つめる」「目が合うとさりげなく逸らす」ということをします。
これはよく言われる脈アリサインです。

 

どうして遠くから見つめるのかといえば「恥ずかしいから」です。
女性の場合、親しい男性に対してはマジマジと見ることができますが、まだ仲が深くない男性には恥ずかしさや照れが出てしまいます。
男性はズカズカと積極的にアピールできる方も多いのですが、女性はやや消極的なアピールをするからです。

ただ女性は男性よりも器用なことが多く、見られている男性が気がつかないことがほとんどです。
男性が気づくかどうかの瞬間で、キッチリと目を逸らすことができるからです。

また下記でも解説しますが、目が合った時に上目蓋が大きくなるしぐさも脈アリサインと言えます。

 

男性が気がつかない時に見ていることも多いので、しっかりとアンテナを張っておきましょう。

異性が遠くからじっと見つめてくる視線を送る心理は「好意」か「敵意」
異性が遠くからじっと見つめてくる視線を送る心理は「好意」か「敵意」です。 昔から「目は心の鏡」というように、人のしぐさの中で視線は気持ちをよく表す部分です。 「目」は視覚という人間が得る情報の中で多くを占めています。...

 

女性の近くで男性が別の女性を会話をしていると、わざと男性の注意を向ける行動をする

これは女性が出す大きな脈アリサインです。

意中の男性が他の女性と会話している時などに、わざと大きめの声を出して話したり、または何らかの方法でその男性に自分の存在を気づいてもらうようにするものです。

これは女性が嫉妬をして自分の気持ちに気がついてもらいたいために行なうしぐさで、やや積極的な女性が行なう方法だと言えます。

ですから、男性が好きな女性の近くによると、その女性が何か不自然な行動を取るということがあれば、疑ってみるということも大切になります。

好き避けの特徴は「一貫性が無いこと」「避けてるのに接点が多いこと」「近くにいると自分をアピールすること」「離れると視線を向けること」
自分の好きな人に避けられているという方がいると思います。 少し見ただけでは「好き避け」「嫌い避け」なのか分からないことも多いです。 「好き避け」の特徴としては大きく4つあります。 「一貫性が無いこと」 「避け...

 

会話の中で感情語が増える

女性は男性よりも感情語が多い傾向にはあります。
好きな男性と話す時には、他の男性と話す時よりも「嬉しい」「悲しい」といった感情語を使う傾向があります。

女性は男性と違って「自分の話を聞いて欲しい生き物」ですから、特に心を開いた男性などには自分のことをよく話すようになります。
女性のコミュニケーションでは男性と違って「感情の共有」が重要なのです。

女性がよく「どうして私の気持ちをわかってくれないの?」と言いますが、あれはまさにこの「感情の共有」を大事にしているからです。

 

一方、男性はどちらかというと「その時どんな気持ちだったか」というよりも「その後どうなったのか」「なぜそこに行ったのか」というような結果や事実を重視する傾向があります。
どちらかというと会話が客観的なものが多く、「情報の伝達」を重視しているのです。

 

 

ですから、女性の脈アリサインとしては「感情語が増えているか」に着目してください。

感情語は「悲しい」「嬉しい」「楽しい」「辛い」といった言葉で、この感情語があると主語は私(女性)です。
つまり、感情語が増えるということは「自分(女性)のことについての話が増えている」と言えます。
この状態は女性が男性とコミュニケーションを取ろうとしている段階です。

 

女性は好きな男性や安心できる人には自分の気持ちを話すようになりますから、この感情語が以前より増えているかどうかを見ると、相手の心理の変化が見えてきます
出会ったとき以前よりも、感情語が増えていれば脈アリの可能生があります。

女性は好きな男性と会話をするときには「嬉しい、悲しい」といった「感情語」が増える傾向にあります。
女性は好きな男性と会話をするときには「嬉しい、悲しい」といった「感情語」が増える傾向にあります。 この感情語とは、嬉しい・悲しい・寂しい・楽しいといった人の気持ちを表す言葉です。 この感情語を使うと、基本的にその主語...

 

「首を触る」「首をかしげる」しぐさをする

女性が「首をかしげる」「首をさわる」しぐさは脈アリサインの可能生があります。

これは首が人間の重要な血管が集まっている場所であり、急所であることが関係しています。
ここを男性に出すということは「危険な急所をさらせる安心できる相手」という意味でもあるのです。

つまり、安心した相手だから急所である首を晒せるということです。

ですから、女性は好きな男性がいると首をかしげたり、首付近の髪をよけるようなしぐさをします。
これは同時に、女性の可愛らしいやセクシーをアピール出来るしぐさでもあります。

 

このように首を強調するしぐさは、女性が相手の男性に危険性を感じていないという意味ですから、十分女性の脈アリサインだと言えます。

 

首を触るしぐさの意味は異性関係では「相手への興味や関心を持っている」または「心理的な緊張状態」
異性の前で首を触るしぐさの意味は異性関係であれば「相手に興味がある」「関心を持っている」という状態です。 または2つ目としては、不安やストレスを感じている「緊張状態」であり、それを柔らげるという心理です。 このどちらかはその時に他の...
男性の前で首をかしげるしぐさをする女性の心理は「好意や自分をかわいく見せたい」
男性の前で首をかしげる動作をする女性の心理は【あなたに好意がある】【ただのぶりっ子】のどちらかです。 よく見られるしぐさであり、女性特有であるため、男性からはよく理解できないことがあります。 この首をかしげるしぐさに...

 

目が合った時に上目蓋がやや開く

脈アリサインとしては、女性が男性と目が合った瞬間に、やや上まぶたが開くことがあります。

これは一瞬驚いたような表情や目が大きくなったように見え、ほんの一瞬ですからよく見ておかないといけません。

なぜ目の上まぶたがやや開くのかというと、人は驚いたり、好きなもの、興味のあるものを見るとその情報を多く取り入れようとするからです。

よく「興味があるものを見ると瞳孔が大きくなる」と言いますが、これと同じように、目を大きく開けて情報を得るのです。
目は人間の最も大きな知覚器官で、人間が得る多くの情報が視覚からの情報だからです。

 

ですから、目があった時に上まぶたが大きくなるということは、その相手から何らかの情報を得ようとしてる状態ですから、脈アリサインとして十分考えられます。

 

しかし、なぜ上目蓋を大きくしたのかについては、女性しか理由はわかりません。
ただ驚いたのか、男性がカッコ良かったのか、芸能人に似ていたのかそれは推測するしか方法はありません。

 

体の姿勢が体のラインを強調した姿勢に近づく

女性は好きな人の前では無意識的に体をS字にさせるという特徴があります。

この姿勢は女性の性的魅力をアピールしたしぐさであり、女性の体の「胸」「お尻」などが強調される姿勢です。

この姿勢を取ると、胸が突き出て、お尻が大きく見えるので女性らしい魅力を男性にアピールできます。
女性は、こういった姿勢を好きな男性の前では無意識的に行なってしまうようで、これは男性がどんな女性に魅力を感じているかを女性自身が知っているからだと言えます。

 

一方、背中を丸めて肩を縮めた姿勢では、胸やお尻が強調されず、女性の魅力が半減されてしまいます。
ですから、好きな男性の前ではややS字のように体を強調させて男性にアピールしています。

このしぐさは判別が難しいのですが、女性が無意識的に行なってしまうので心理がよく反映されたしぐさだと言うことはできます。

 

 

恋愛心理
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント