怒っている彼女の表情や顔が可愛いと思えるなら、その女性とは結婚しても上手くいきやすい。

スポンサーリンク

 

「彼女の顔可愛いな〜結婚したいな〜」と男性が思うことがあると思います。
しかし、結婚を考えている相手であるならば、女性のプラスの面が強調される時の以外にも「マイナスの面が強調される時」も注目しておく方が良いのです。

 

 

その時に注目することが「女性や彼女の怒った顔」です。
この交際相手の女性や彼女の怒った顔も可愛く見えるという男女の関係なら、特に上手くいきやすいと言えます。

 

 

では、どうして男性は、女性や彼女の怒った顔が可愛く思える方が上手くいきやすいのかというと、「男性のストレスにならないから」です。

 

男性のストレスには複数のものがありますが、その1つに女性への恐怖心というものがあります。

特に女性の怒った顔は、男性の自由を縛る傾向にあり、男性の人の潜在意識に影響を与えます。

「女の涙」を見ると、男性は女性の言うことを聞いてしまう傾向にありますが、男性から見た女性の怒った顔が怖いと、男性の心の中に恐怖心が生まれます。

この恐怖心は男性を萎縮させたり、ストレスに感じさせることが有り、この女性への恐怖心が、男性の心に刻まれると、相手の女性を良く想えなくなり、関係が破綻しやすくなるのです。

 

 

ですから、女性が怒った顔をしても「怖くない」「怒った顔も可愛らしい」と思える関係は、結婚として続きやすいのです。

特に「悪いこと」などマイナス面の出来事は、潜在意識に刻まれやすいため、男性は女性の悪い面も気にならないか見ておくべきです。

 

 

他にも、出産する女性に立ち会ったところ、女性が出産する時の形相に驚いて、その後の夫婦の営みがなくなってしまったという話があります。

産後の妻を女として見れなくなりました。 - この度、妻が9月に出産し、産後3ヶ月が経ちました。産後の慌ただしい日々から少し落...
産後の妻を女として見れなくなりました。 この度、妻が9月に出産し、産後3ヶ月が経ちました。産後の慌ただしい日々から少し落ち着いたところです。しかし私の精神はあまり落ち着いておりません。私は出産に立ち会いました。出産に対して、しっかり知識を習得して臨んだつもりでしたが一つ誤算がありました。それは【臭い】です。分娩室に漂う...

 

こういった「女性への恐怖心」や「女性を女性として見れなくなるようなキッカケ」があると、夫婦関係が上手くいかなくなることがあるのです。

人は何らかの方法で、自分のストレスを発散しようと思いますから、この「女性への恐怖心」などが合わさって、DVや浮気などに繋がってしまうこともあるのです。(良くないことです。)

また上手く発散できずに溜め込んでしまうと、男性本人が体の健康を害したり、結婚相手を異性として見れなくなることもあるのです。

 

よく言われることとしては、男性が性体験をした相手の女性に「ヘタクソ」と言われて、それから「男性の性的な機能が落ちた、EDになった」という話があります。
これはまさに潜在意識に女性の言葉が刻まれてしまったからです。

 

「表層の意識」ではそのように思わなくても、「潜在意識」の部分にこういった感情が刻まれてしまうことが問題なのです。

 

人は表層の意識だけではなく「潜在意識」が非常に重要で、そこに結婚相手に対する嫌悪感や不満が強くあると、関係が崩れやすくなるのです。

 

ですから、普段から一緒にいる女性の悪い面が気になるどうか、特に男性を縛ってしまうような女性の怒る表情は見ておくべきです。
「怒った顔が何だかとても怖く感じる」という場合は、男性に大きなストレスになります。
一方、「怒った顔もなんだか可愛いな」と自然に思える女性とは、続きやすいのです。

 

男性は自由を好む傾向にありますから、自分で自分を縛ることは容易(自分の意思)でも、他人に縛られると生きにくさを感じるからです。

 

 

このように、「女性の良いところ」ではなく「悪いところ」に対して、男性がそれを「どのように感じるか」という観点は非常に重要です。
特に結婚のように人生の多くの時間を共にする場合は、悪いところが目につきやすくなりますから、結婚前によく見ておきましょう。

 

 

コメント