異性から「名前で呼んでほしい」と言う心理は「仲良くなりたい」という気持ち

スポンサーリンク

異性から「名前で呼んでいいよ」と呼ばれる時の相手の気持ちとは「好意を持っている」「仲が良い相手」「名前で呼ばれても抵抗が無い仲」ということです。

つまり、相手はあなたのことを悪く思っていないあるいは良い感情を持っていると言えます。
特に異性関係で名前で呼び合う場合は、「好意を持っていたり」「気に入られている」可能生も高いでしょう。

 

なぜ異性から名前で呼ばれることが「好意」「気に入られている」と言えるのかというと「名前は親密な間柄で呼ぶもの」だからです。
つまり、異性の相手から名前で呼んで欲しいと言われたら、社会的な関係はクリアしている可能生があります。

 

 

日本では人を呼ぶ時には大きく分けて

  1. 名字
  2. 名前
  3. ニックネーム

があります。

 

名字は社会的な意味があります。
例えば、会社では上司や同僚から「田中」「斎藤さん」といったように名字で呼び、また学校でも教師や部活動の先生が生徒を呼ぶ時に「岡田」「中田さん」と名字で呼びます。

名字は誰でも呼ぶことが出来るものです。

 

しかし、名前で呼ぶ行為には「親密性」が出ます。
社会的な状況では、わざわざ名前を使って呼ぶという「必要性」が無いので、「名前で呼ぶ理由」がそこにはあるからです。
例えば、会社や学校で上司や先生がお気に入りの社員や生徒には「◯◯」「◯◯ちゃん」と名前で呼ぶことがあります。
本来は名字で事足りるのですが、これは一部特別視しているからこのように「名前」で呼んでいるのです。

 

異性間でも社会的な関係性が強い場合は「名字」で呼び合いますが、親密性がある場合は「名前」で呼び合うことができます。

ですから、付き合っている男女が会社や学校などでは「名字」で呼び合うのに2人であっている時には「名前」で呼び合っているということもあるのです。
これは「名字」で呼び合うは周囲から怪しまれず、名前で呼び合うと付き合っていることがバレてしまうと知っているからです。

異性から「名前で呼んで欲しい」というように言われた場合は、「仲良くなりたい」という気持ちが裏に隠されています。

 

しかし、異性から名前で呼んで欲しいといった心理の意味は相手によって異なります。
一部の人は名前で呼ばれることに抵抗がない、むしろ名前で呼んで欲しいという場合があります。
こういった人の場合は、他の人にも名前で呼んで欲しいと思っているため「仲良くなりたい」など特別な気持ちはありません。

 

これを見分けるにはその人を名前で呼んでいる他の異性がいるかどうかがポイントです。
他の異性がその人を名前で呼んでいる場合は特別な想いがあって「名前で呼んで欲しい」と言っていない可能生が高いでしょう。

 

一方、他にその人を名前で呼んでいる異性がいない場合はあなたのことを特別視している可能生があります。
つまり、あなたに対して何らかの好意やまたは悪く思っていないということです。

 

 

コメント