急に好きな人から名前で呼ばれるようになったらその人が「好きになった」サインかもしれない

スポンサーリンク

急に好きな人があなたのことを「名前」で呼ぶようになったら、「好きになった」「イメージがアップした」可能生があります。

これについて解説します。

スポンサーリンク

好きな人が「名字」⇒「名前」に呼び方が変わったら、それは期待アリ!

もし急にあなたの好きな人があなたのことを「名字」から「名前」で呼ぶようになった場合は、あなたのことを好きになってきた可能生があります。

日本人は名字と名前があり、名字は「社会的な場面」、名前は「プライベートな場面」で使われることが多くあります。
ですから、病院などでも「斎藤さん」「武田さん」と呼ばれても「太郎さん」「百合子さん」と呼ばれることはありません。
会社や学校でも上司や先生は「名字」で呼ぶことが普通で、名字は「誰でも呼べるもの」です。

名前で呼ぶ意味は、「親密性」があるのです。
ですから、真面目な人や固い人は名字で呼ぶ傾向があり、フレンドリーな人は名前やニックネームで呼ぶ傾向があります。
親は子供に「一郎」「百合子」と呼んでも、「佐藤」「石川」とは呼びません。
つまり、仲が良い間柄では、名前で呼ぶことが増えます。

では、なぜ急に名前で呼ぶのかといえば「その人のあなたに対するイメージが変わった」からです。
それも「良い方・親しい方」に変わったからです。

これは「あなたを名前で呼びたい」という何らかの気持ちの変化(良い変化)で、あなたを良く思っているからです。

それまでの呼称(あなたの呼び方)を変えることは、努力が要ります。
周りやあなたから名前で呼ぶことに変えたことで何か言われるかもしれませんが、それを乗り越えてでも名前で呼ぶように変えています。

これは大きな変化があって、呼び方を変えたと見ることが普通です。

 

逆に「名前」⇒「名字」の場合は、イメージダウンの可能生

一方、今まで「名前」で呼んでいたにも関わらず急に「名字」で呼ぶようになった場合は「何らかのイメージダウン」があった可能生があります。

つまり、「良い印象」から「悪い印象」に変わったということです。

「名字」は病院や学校、会社で呼ばれるように「社会性」が強く、「名前」はプライベート性が高いのです。
名字の強みは「誰でも呼べること」、名前は「親しい人しか呼べないこと」にあります。

つまり、「名前」で呼びたくないから「名字」で呼ぶことに変更されたということが一般的な解釈として普通なのです。

例外としては、恋愛に奥手な人が名前で呼んでいたけれども、恥ずかしくなって名字で呼ぶようになったということも考えれます。
しかし、これは相当レアなケースなので一般的には何らかの行動によって印象が悪くなったということが普通です。

 

コメント