婚活をしても結婚に失敗して幸せになれない理由

スポンサーリンク

婚活をしても結婚に失敗して幸せになれない理由は「条件で相手を選んでしまう」ということです。
全ての人が失敗するわけではありませんが、婚活はそのシステムの構造上結婚に失敗しやすい側面があることは否めません。

 

スポンサーリンク

理由:婚活は相手の条件を見て結婚してしまうため

結婚は相手の条件から「選ぶ」というよりも、お互いに恋愛感情が無いといけません

しかし、婚活で結婚をする際には「好きという恋愛感情」よりも「相手の条件」で選んでしまう傾向があり、これが後々問題になり得ます。

結婚相手を探すということに夢中になるため、「相手のことが本当に好きなのか」「結婚してずっとやっていけるのか」ということがなおざりにされてしまうのです。

特に年齢、世間体などによって婚期が近い人ほど、この傾向は強いのでしょう。

 

その結果、結婚間際や結婚後の「結婚しなくてはいけない」という重圧から解放された時になって、初めて「この相手で良かったのか」「結婚するほど好きだったのか」という不安が襲いやすいのです。

 

 

誰でも結婚の相手に譲れない条件があります。
料理がうまい人が良い、背丈が高い人が良いなど恋愛相手に求める条件がそれぞれあるでしょう。

しかし、人は「条件を満たしているから好きになる」というよりも「好きな人が自然と自分の好きな条件を見た足ていた」という方が幸せになれるのです。
もちろん「好き」であることに加えて「自分の好きな異性の条件に合っている」方がさらに幸せです。
この「感情があること」「自分のタイプであること」これが最も幸せになるパターンでしょう。

これはとても難しいことで「縁」というだけあって神様が運んできてくれるような奇跡といえます。

 

本人同士にとっては辛いのですが、実際に婚活をして結婚した方には「結婚が目的になってしまい、相手のことが本当に好きではないのに結婚まで行ってしまったというパターン」が多々あるのです。

この場合はどちらかまたは片方が途中で気づいてしまい、後悔や関係悪化に繋がりやすいのです。

 

結婚は条件でするものではない

やはり結婚は条件でするものではなく、好きや愛しているという気持ちが無いといけません。
結婚は本来、「この人と一緒ならどこでも付いて行く」というものであり、一生添い遂げたい相手があって初めて成立します。

そう考えると婚活は結婚相手を選ぶことについて、やや不向きなのだろうと言えます。
条件から入ってしまうので本当に好きにならないと結婚しにくいからです。
つまり、人生の最愛の人を見つけるというより、条件に合っている人を捜すことに重点が置かれている、これが婚活の問題です。

 

そう考えると今後どのように結婚が上手くいくシステムを作るのかについては、考えていかないといけません。

 

 

コメント