あなたを嫌いな人が急に好きになる心理には「強烈なギャップ」が必要

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

あなたを嫌いな人が急に好きになる心理には「強烈なギャップ」が必要

人が「嫌い」から「好き」に変わるには非常に大きな心理の変化が必要です。
そのためには【強烈なギャップ】がないといけません。

強烈なギャップとは【悪い人だけれども本当は良い人だった】【普段は普通だけど、いざという時には頼もしい】というようなギャップです。

たとえば、不良少年が実は小さい子供には優しかったり、荒っぽい運転をしていても仕事は紳士に向き合っているなどです。

このような悪い⇒良いのギャップは人の心理を動かします。

こういった強いギャップを見ると、人の心理状況としては「嫌い」⇒「普通・好き」とひっくり返りやすいのです。

 

もちろんどこまで相手の印象が変わるかについては未知数です。

人によっては全く印象が変わらない人もいますし、こういったギャップを知って気持ちがガラリと変わる方もいます。

 

 

では、どうすれば良いか

もし好きな人に嫌われてしまったら、ギャップを見せることです。

まず相手が自分のどのような部分を嫌いに思っているかを観察して、それをひっくり返してあげるようなギャップが必要です。

相手の印象をひっくり返すだけのギャップが無いと、一度嫌われた場合は回復させずらいことが現状です。

 

その他にも関係がやや落ち着いてきたカップルなら、普段見せない姿を見せるなど少しギャップを見せることもおすすめです。

例えば、女性なら髪型を普段と変えてみるなど相手の男性に自分の違った印象を見せるようにします。

特にマンネリ化したカップルはこういった「刺激」が大事になります。
そこでこの「ギャップ」の心理を使うのです。

カップルの場合はお互い良い印象を抱いているので、大きなギャップよりも小さなギャップで構いません。

 

 

コメント