【本命女性だけ】に見せる男性の脈アリサイン

スポンサーリンク

 

男性は女性と異なり脈アリサインが女性とは異なります。
いくつかポイントを紹介します。

本命には「時間を使ってくれる」、それ以外にはあまり使わない

男性が本命女性にすることは「あたなのために時間を使ってくれる」ということです。
一方、本命ではない女性には時間を使うことがありません。

男性は女性と比べて効率的に物を考える傾向にあり、本命ではない女性に対してあまり時間を使いたくないと思います。
本命の女性に対しては、直接会う時間もスマホでのコミュニケーションも無駄なものとは思っていないからです。
ですから、女性のために「時間」を使ってくれるかどうかは本命なのかどうかを見分けるポイントです。

一方、本命の女性でも時間が使えない場合があります。
例えば、仕事や学業で忙しい場合です。
しかし、本命ならお互いが会える時間(例えば日中)に会えなくても、別の時間を取って直接会ったり、コミュニケーションを取ろうと考えます。
その場合は本命である可能生も捨てられません。

本命には「用が無くても話しかけてくる、そして会話が続かない」、それ以外には用事が無いと話しかけない

男性が「特に用事が無くても話しかけてくる、そして会話が続かない」場合にはあなたが本命の可能生があります。

女性はコミュニケーションを取ることが非常に上手で会話も繋がります。
しかし、男性はコミュニケーションよりも情報を伝えることに重点をおいた会話をする傾向にあり、会話を繋げることは不得意です。
男性のメールやlineを見るとわかるように、要件はしっかり伝えるけど面白くないですよね。(笑)

これは男女の違いで女性はコミュニケーションを取ることが好きで、男性はそれほどではないことが関係しています。

男性が自分から積極的に女性に話してコミュニケーションを取ろうとする場合は、要チェックです。
そして男性から話しかけてきたのに、大して会話が繋がらない場合は本命の可能生があります。
男性はどうでもいい女性とは比較的話せるのですが、本命の女性が相手になると「何を話すべきか」と考えてしまうので、会話が繋がりにくくなります。

男性の沈黙が多くなった場合や質問攻めのようになった場合は、それだけあなたを意識しているため好きな気持ちが強い女性(本命)と考えることができます。

本命には「アプローチの時間をかける」、それ以外には「手っ取り早く」なる

男性は本命女性にはアプローチの時間をかけ、それ以外には手っ取り早くなります。
もっと言うと、本命の女性には手を出しにくいものですが、そうでない女性にはすぐ手を出す傾向があります。

一般の漫画やアニメで若い男性が本命の女性の前で顔が赤くなったり、うまく話せなかったり、手を繋ぐことに抵抗を持ったりとしていますが、あの描写は男性の本命女性に対する表現としては近いものがあります。

男性は結果に対して重点をおくところがあり、本命相手には慎重になるんですね。
「本命の女性に振られたら」「嫌われたらどうしようか」という不安が、本命女性に対して出やすい。
ですから、基本的に男性は本命に弱く、それ以外の女性には強いんですね。
そのせいなのか、女性は強い男性を好む傾向もあり、本命以外の女性から好かれるというケースが多々有ります。
これは本命女性に対してはどこか慎重であり、それ以外の女性には強気に出られるということが理由です。
この強気に出られるところを女性が男らしいと感じてしまうからでしょう。

ちなみに路上でナンパしている男性がいますが、あれは本命ではなくすぐに手を出せそうな女性を片っ端から探しているわけです。
ですから、結婚や真面目な付き合いにはなりにくいのです。

女性としてはどれだけ早く手を出してくるかによって、彼(男性)が本命かどうか確かめることもできます。

 

 

コメント