恋愛は「見た目」「中身」の両方が必要。どっちかがあればいいわけでは有りません。

恋愛は見た目・中身の両方が必要です。

恋愛は「見た目」「中身」の両方が大事になり、どちらかが欠けていると難しくなります。

 

もう少し言うと、「見た目」が欠けていると恋愛が始めるキッカケが少なくなり、「中身」が欠けていると恋愛が続かなくなります。

「見た目」が欠けている(例えば、清潔感ないなど)状態では、異性の目に留まるキッカケが少なくなります。
そのため恋愛の種が少なくなるのです。

一方、「中身」が欠けている(暴力を振るう、性格が悪いなど)と、異性と付き合っても問題が多く、関係が続きにくくなるのです。

 

この2つが無いと、付き合ってすぐ別れたり、結婚まで行かない恋愛になってしまいます。

 

 

では、どのくらい必要かと言えば、「相手が求める程度」で良いのです。
この相手が求める程度とは、その恋愛相手次第なので「絶対これだけ必要」というものはありません。

人によっては「美女」「イケメン」じゃなきゃ嫌だという人もいますし、「優しくて気が利いて頼りになる人じゃないと嫌だ」という人もいます。
基準はそれぞれ違うのです。

ですから、世の中には色々なカップルや夫婦がいるというわけです。

 

 

そして、この相手と出会った時が出会いなのです。

決して「見た目」が良ければ出会いでもなく、「中身」さえ良ければ出会いでもありません。

 

自分がどちらも受け入れられる相手と出会うことが恋愛では大事なのです。

 

今の世の中では「見た目だけ」の恋愛が多く流行っていますが、実は両方が無いと結婚に繋がるような恋愛ができないということを知っておきましょう。

 

 

雑記
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント