女性の人は恋愛感情のある男性に頼まれてもお金を貸してはいけない。詐欺の可能生が高い。

スポンサーリンク

恋愛感情のある男性から「お金を貸して欲しい」と言われても、女性は貸さないことが賢明です。
特に「貸して欲しいと言われた金額」が大きいほど、詐欺の可能生があります。
数千円程度なら詐欺だとは考えにくいです。

女性は好きな男性から「お金を貸して欲しい」と言われたら、つい貸してあげたくなる生き物です。
女性は男性と違って「優しさ」があり、好きな男性の力になりたいと思うのです。

 

しかし、この場合は詐欺の可能生があります。
この付き合っている女性や婚約状態の女性からお金を借りて持ち逃げする「詐欺」が意外と多いのです。
詐欺をする男性は、この女性の持つ優しいを巧みに利用してお金をせしめるのです。

 

詐欺をする男性が使う理由もそれぞれで、「事業に失敗してしまって借金がある」「交通事故で他人をケガさせてしまいお金が必要」などです。
女性だけでなく一般の人が聞いても詐欺だと判断しにくい内容が多いのです。

それに加えて恋愛関係にある女性ですから、疑った判断は難しいものです。
つい本当だと思ってしまうでしょうし、詐欺をする男性も最もらしい証拠を偽造して信用させてくることもあります。
もっと言えば、男性が「周りには言わないで欲しい」と口止めをして、女性が第三者の判断を仰ぐことを妨害するかもしれません。
詐欺をする男性は「お金を借りる」だけではなく、それがバレないように「本当に見せかける」「女性以外に話が漏れないようにする」といったことをしてきます。

こういった場合はまず「恋愛感情を利用した詐欺」の可能生がありますから、女性としてはお金を貸さない方が賢明です。

 

 

男性は本来は女性に弱みを見せたくない生き物です。
つまり、男のプライドがあり、女性には本来お金を貸してくれとは言い難いのです。

本来なら経済的な面については男性が女性に優位なものです。
男性は余裕を見せて、好きな女性にお金を貸してくれることが多いのです。
女性に良いところを見せたいと思うのが男性ですから、ご飯を奢ってくれたり、プレゼントをくれたりと男性側が女性側よりも優位に立ちたいという行動に出ます。

特に好きな女性なら尚更です。

それにも関わらず「大金を貸して欲しい」と言われたならば、それは詐欺の可能生を疑うべきです。

 

女性の気持ちとしても「好きな男性の力になりたい」という気持ちがあります。
その気持ちは間違いではなく、当然のものだと思います。

中には詐欺ではなく本当にお金に困っているケースもあります。
その時はその人が持ち逃げしてしまうのではないか(詐欺)ということを疑いながら、それまでのお互いの関係性を再確認しましょう。

例えば、高校生からの付き合いで10年間付き合っている間柄なら詐欺の可能生は少ないと言えます。
一方、婚活や合コンで出会った間柄では詐欺目当てであることも否定できないのです。

 

 

女性はこのように「お金目当ての詐欺」である可能生をしっかりと考えておきましょう。
また女性は恋愛中になると「男性を疑いにくくなる」ということも合わせて覚えておけば、「お金を貸して欲しい」と言われた時に我に返って冷静な判断ができます。

 

 

 

 

コメント