男性が女性とのデートでしてはいけないことは「体臭」「口臭」「不潔感(清潔感のなさ)」

スポンサーリンク

 

男性が好きな女性とデートをする時にまず避けることは「口臭」「体臭」「清潔感のなさ(不潔感)」です。

デートの前にはこの3つが自分に当てはまらないかどうか確認をしておきましょう。

 

この「口臭」「体臭」「不潔感」があると、女性にどう思われるのかといえば【嫌われやすい】ということです。

 

特にこの3つの仲でも「不潔感」は最も悪く、女性に嫌われる大きな理由になります。
例えば、異常に肌がベタベタして脂ぎっていたり、鼻毛が沢山出ていたり、爪に泥が入っていたりすると女性はその男性を「不潔」だと思いやすいのです。

 

この3つの中で「体臭」については臭くなければOKという女性もいますが、体臭も女性によっては嫌がられやすいのでしっかりとケアされることが必要です。

 

 

では、どうして女性はこれら「口臭」「体臭」「不潔感(清潔感のなさ)」が嫌なのかといえば、【女性は男性との関係で受動的な面が多い】からです。

これが女性の無意識の部分にあるので、男性の上記3つについて特に見るのではないかと言えます。

 

 

もちろん男性から見てもこれら3つの要素は頂けませんが、男女は「陰と陽」「+−」のような関係があります。

恋愛関係で見ると、女性は男性を受け入れる側であるため、男性の影響を受けやすい生き物です。

 

例えば、女性は好きな人が出来ると「待つ」「遠くから眺める」といった行動に出ますし、デートなどをした時も「手を繋がれる」「髪を撫でられる」といったように受動的な行動が目立ちます。

また以前付き合っていた恋人が釣りが好きだった場合は釣りを趣味にしたり、元カレが好きだった音楽が別れてからも好きなままでいたりするなどと、女性は男性から影響を受けやすいのです。

 

女性は男性に対して受動的な関係があるので、言い寄って来た男性がいたら、まずこれら3つの他にも相手の男性を厳しくチェックします。

そして特にこれら3つの要素があると、女性はその男性を選びにくい(嫌がられやすい)のです。

 

 

特に「爪に黒い汚れがある」というのは女性に嫌がられる傾向にあります。
これは男性の手が女性に触れることから、その手や指を女性はチェックしてしまう癖があるということです。
汚れのある爪で、「自分が触られる」という受動的な行動は嫌に感じるのです。(触る側は気にならないかもしれませんが)

 

 

男性ができる対策としては、デートでは最低限上記3つの項目は避けることです。
デート前に口臭対策や体臭対策、日頃から清潔感があるように身だしなみや体を整えておくことです。

 

例えば、デートの時には食後軽く口をゆすぐ、デート前にガムを噛む、トイレ休憩などで口臭スプレーをする、爪を切っておくなどしておきましょう。

 

 

 

コメント