デートが初めての女性が覚えておくこと8つ

スポンサーリンク

「高校生や大学生などの若い女性が初めてデートをする」ということがあると思います。
その時に女性が覚えておくことをいくつか紹介します。

特に初めて男性とデートする時は2つの視点があります。

 

 

1つは「こうすると良い」ということです。
これはデートでのテクニックや男性の心理について、女性が出来ることです。

もう1つは「こうならないように注意すること」です。
これはデートの安全性や危険性についてのことで、家族や友人が注意してくれることです。

 

この2つの観点から紹介します。

 

注意すること

中学生や高校生、大学生など人生初めてデートをする女性がいると思います。
またその男性と初めてデートする女性もいますが、そういった女性が犯罪に巻き込まれないようにデートで注意して欲しいことをまとめておきます。

ここでは男性がどんな男性か(安全な男性か)まだ分からないという観点から紹介します。

早めに帰ること

人生初めてのデートをされる方、初めてその男性とデートをする女性は早めに帰ることが大事です。

これはデートが遅くなり、一泊することを防ぐ目的です。

 

中学・高校生くらいのデートではまず無いでしょうが、男性によっては終電が無くなるまで時間を使って一緒に泊まる口実を作る男性もいます。
特に一人暮らしをしている女性は、実家のように監督する親がいないので、こういった手段を使ってくる男性もいるのです。

 

早めの時間とは、自宅に安全に余裕を持って帰られる時間です。
自宅まで帰ることのできる電車やバスがまだ走っていること、自宅周辺が物騒にならない時間です。
この時間であれば、多少アクシデントがあっても自宅には帰ることができます。

 

男性には「門限があるから」「家の近くが暗いから」と言った理由で早めに帰ることを伝えましょう。
男性は「早く帰りたい」という言葉だけを伝えても、「デートが嫌なのかな?」と思ってしまいます。
しっかりと理由を添えてあげると男性も納得できます。

「門限なんてどうでもいいよ」「終電まで遊ぼうよ」という男性は気をつけて下さい。

 

2人きりになる密室は避けること

初めての男性とのデート・男性と初めてするデートでは「2人きりになる密室は避ける」ようにしましょう。

なぜかと言えば、その男性が女性に危害を加える男性か分からないからです。
密室では男性から犯罪行為をされる可能生があるからです。

 

特に注意する密室空間は「自動車の車内」「個室の部屋」です。
この空間は助けを求めることが困難で、さらに内側から鍵をかけることができます。

こういった空間では犯罪が起きやすいので、女性は避けないといけません。

 

2人で人気(ひとけ)の無い場所には行かないこと

2人で人気(ひとけ)の無い場所に行くことも気をつけましょう。

人気(ひとけ)のない場所も、上記の2つと同じく犯罪に繋がりやすいです。
人気のない場所は犯罪をしても見つかりにくいこともあり、目撃者が少ないです。

出来るかぎり初めてのデートでは、人がいる場所を選んでデートするようにしましょう。

 

 

こうすると良い

今度はデートですると良いことを中心に紹介します。

髪留めを持って行く

初めてのデートの内容によっては遊びに出かけたりアクティブに過ごすことも有ると思います。

普段から髪を結んでいる方は髪留めの予備もバッグに入れておくと良いでしょう。

 

また初めてデートされる場合、相手の印象を変えることもできます。
男性側としては普段髪を結んでいない人がデート当日に結んできたりすると、「ドキッ」としてしまいます。
また普段とは違う髪型をしてデートに行く姿も男性からは可愛らしく見えます。

ちょっとしたテクニックとしては「デートの区切り」で髪型を変えるということもおすすめです。

例えば、食事をしてお手洗いに行った時に髪型を少し変えたりすると、男性に違った印象を残すこともできます。

 

 

相手の男性が好きなファッションをすること

この記事でも書いたように、好きな男性とのデートでは男性のファッションと似せるというテクニックがあります。

女性が初めてのデートですると良い服装は「相手のタイプに合わせる」こと
初めて男性とデートする時に「服装・ファッション」で悩む女性は多いのではないでしょうか? 特に女性は「どんな服を着たら良いのか」と、ファッションで困られるケースが多いです。 実は「普段の相手の服装・ファッションのタ...

人は「類似性」といって「自分と似た者」を好きになりやすい傾向があります。

町を見てみても「キレイ目の男性の彼女はキレイ目」ですし、「ギャル系の彼女はギャル系」「軽い系の彼女は軽い系」と似た者同士が付き合っています。

ですから、男性のファッションを見て自分も少し似せるということが仲良くなるテクニックでもあります。

 

もちろん今のあなたが気に入られていればファッションを変える必要はありませんが、人は似た者に親近感を抱きやすいということを覚えておきましょう。

 

メイク道具(化粧直し)を持っていくこと

中高生ぐらいであれば不要かもしれませんが、初デートは緊張することもありメイクが崩れやすいです。

夏であれば汗をかいてファンデーションが崩れたり、食事デートがあるとリップが少し崩れます。

 

特に食事デートをすると口紅が崩れることがあるので、デートの食事後はお手洗いに行って口紅を直すなどしておきましょう。

 

スマホの持ち運び充電器

初デートでは待ち合わせをすることもあるのでスマホは必ず連絡が取れる状態にしておきましょう。

今はスマホが必須の世の中ですから、時々スマホの充電が無い状態で出かけてしまうことも有ると思います。

バッグに携帯用充電器があれば、ひとまず安心できますから、1つだけ入れておくようにして下さい。
特にデートの時だけではなく、普段から持っておくと初めてのデートでも忘れにくいと思います。

 

特に初めてのデートはお互いに緊張しやすいので、待ち合わせの場所や時間などを間違えることがあります。

お互いに関係性ができた慣れた間柄であれば、笑って済ませることもありますが、初めてなので印象を悪くしないようにスマホで連絡ができる状態は保っておきましょう。

 

ハンカチとタオルは相手が使う時に渡してあげる

年齢にも寄りますが、今の若い人は「ハンカチやタオル、ティッシュ」を持っていない子が多いです。

もし男性がハンカチやティッシュを持っていない時に、渡してあげると効果的です。
特に20代前半ほどの若い男性にハンカチやティッシュを持っていない方が多いと思います。

 

女性がこれを持って渡してあげると「気が利く」と思われます。
これができる若い女の子はまずいません。

これができると「この子細かいところも気が利くんだな」と非常に関心します。
特に年上の男性には効果的です。

もちろんハンカチやティッシュを渡した時に、それを「気が利く」と評価してくれるだけ男性の見る目が無くてはいけません。

中高〜大学生くらいの男性によっては「お母さんみたい」と言われるかもしれませんが、女性の細かな配慮を評価してくれる男性も沢山いますので安心して下さい。

 

 

コメント