好きな人がイケメンだと「女性は不安な日々」を送りやすく、浮気が心配な日が続きやすい

スポンサーリンク

 

女性は男性より不安を感じやすい生き物です。
そのため好きな人や恋人がイケメンだと、やや不安を感じる日々を送りやすいことがあります。

 

 

これはどうしてなのかと言うと、「女性は本能的に男性を他の女性に渡したくない」と考えるからです。
男女の違いで言うと、女性は長い年月の間、妊娠や出産、育児という時期は自由に動くことができないので男性の力を必要としてきています。
しかし、その時期に男性がいなくなってしまうと、女性も赤ちゃんも生活が大変になってしまうのです。
女性から見ると男性の貞操ではなく、経済力や支えと言ったものを気にする傾向にあります。

 

一方、男性の場合は女性が浮気をするとその時点でアウト(離婚)になるように、男性が自分の子孫を確実に残せるということが不明瞭になることが許さないのです。
男性は自分で妊娠して出産することができませんから、女性に頼むしかありません。
しかし、女性が他の男性と関係を結ぶということは、他人の男性の子供を産むということです。
こういったことがあると、男性はその女性が信用できずに離婚してしまうのです。
男性の場合は恋人や奥さんが美人だと、浮気が心配になるのです。

 

このように女性と男性では、同じように恋人や夫・妻を渡したくなくても本能的な理由がやや違います。

 

 

自分の恋人や好きな人がイケメンであると、ライバルが増えるので女性は不安を感じやすいのです。
特にイケメンだからと言って寄ってくる女性には、軽い女性や面食いの女性が多いので尚更女性を悩ませます。
特に雰囲気のイケメンというよりも、流行の顔をしているようなイケメンにこういった女性が寄ってきます。
まさに「女の敵は女」という言葉が当てはまる例だと言えます。

 

 

ですが、イケメンだから好きになるのを止めるということは恋愛や結婚において不健全でもあります。

やはり恋愛や結婚は感情も現実も必要です。
好きではない相手と恋愛、結婚することは難しいのです。

 

そのため、もし付き合った男性がイケメンの場合「悩みを抱えることは自然なこと」としか言いようがありません。

 

 

コメント