初恋に関するアンケート結果:「何歳・相手は好きなタイプ・告白はしたのか・付き合ったのか」などを紹介します。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 雑記


 

約50人に初恋についてのアンケートをとった結果を紹介します。

初恋のアンケート結果の概要としてはこのようになります。

 

  • 初恋の約7割は小学生の時
  • 約85%の人は初恋相手に告白できなかった
  • 初恋相手と付き合えたのは約2割
  • 約8割の人が初恋相手は自分の好きなタイプ

 

初恋はいつ?

初恋はいつ?

初恋はいつ?という質問に対して小学生の頃が72%、中学生の頃が26%、高校生の時が2%でした。
つまり、小学生と中学生を合わせると約98%の人がこの時期に初恋を経験しています。

 

やはり思春期が小学生高学年頃から始まるので、この頃から異性を好きになり始めることが多いようです。
みなさんこの時期に恋を意識することが多いようですね。

 

初恋の相手には告白した?

初恋の相手に告白した?

初恋の人に告白した?という質問に対して84%の人が出来なかったと答えています。
一方、告白した人は16%の人でした。

 

やはりほとんどの人が異性に対して告白できていないのは、小学生や中学生の頃に初恋をすることが理由かもしれません。
小中学校ではコミュニティが狭いため、関係が悪化することを恐れることがあります。
また初恋では相手とどのようにコミュニケーションをとって良いか困ることが多いからだと言えます。

ですから、告白ができずに終わってしまった方が非常に多いのでしょう。
この頃の年代で告白が出来た方は勇気があります。

 

初恋の相手とは付き合えましたか?

初恋の相手と付き合えましたか?

初恋の人と付き合えましたか?という質問には約80%の人が付き合えなかったと答えています。
一方、約20%の方が付き合えたと答えています。

 

これはやはり「告白ができたか」というポイントが重要だと言えます。
初恋の年齢は小学生や中学生の時であり、告白はハードルが高いでしょう。

 

初恋の相手はあなたのタイプの異性ですか?

初恋の相手はあなたのタイプでしたか?

初恋の相手はあなたのタイプの異性でしたか?という質問に対しては約80%の方が「はい」と答えており、20%の方が「いいえ」でした。

つまり、タイプの異性が初恋相手という方が大変多い、ほとんどであるということですね。

 

ここから分かることは、興味深いことに「初恋の相手が好きなタイプだった」ということは「もしかしたら人には好きになりやすいタイプが個人の中に既に決まっている」のかもしれません。

つまり、「好きになりやすい異性のタイプがいる」ということで、もっと言うとDNAや遺伝子レベルでそういった傾向があるのかもしれません。

そう考えれば、運命の人という存在も本当はあるのかもしれません。

 

これはさらに調査をしてみると面白い結果が得られるでしょう。

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

雑記
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント