取引先や企業に伺うときや好きな人とのデートに行く時には、「キレイな靴」を履くと良い理由

スポンサーリンク

 

仕事の取引先に向かう時やデートに行く時には「キレイな靴」を履くと良い理由として、「どれだけしっかりとした人間か靴でチェックされる」からです。

 

ちなみに、このキレイな靴とは、色鮮やか、カラフルというわけではなく「手入れがされている靴」という意味です。
仕事やデートなどで相手がどんな人なのかということを知る時には「靴」をチェックして「真面目な人か」「細かな人か」「経済力はどうか」ということを推測することが出来るのです。

その人の履いている靴に泥や汚れが溜まっていないか、踵はすり減っていないか、手入れがされているかということを確認するのです。

 

 

どうして「靴はキレイな方が良いのか」と言うと、このように靴がチェックされて格付けをされるからです。
みなさん洋服やアクセサリーなどには注意を払う傾向がありますが、靴というところには注意がいかない傾向があります。

靴は足元ですから目から1番遠い場所にありますから、注意がいきにくい場所でもあります。
ですから、その靴を見ることで相手がどれだけ手入れをする人か、小さなところに手が届く人なのかを知ることができるのです。
そこから推測して相手の経済力や相手の性格や生活を考えることが出来ます。

 

靴がすり減っていれば注意力が無い人なのか、経済力が無くて修理できないのかと考えることができます。
またしっかりと手入れされていれば、細かなところにもお金を払えるという意味で経済力がある、几帳面で細かなところにも手が届くと見ることができます。

 

このように「靴」を見るだけで相手の生活状態や性格を推し量ることができるということが、キレイな靴を履かないといけない何よりの理由です。

 

これはホテルやアパレルなど接客業で利用されています。
相手がどのくらいの経済力を持っているのかはクレジットカードの色やスーツの質、小物の質や靴を見ることで推測できます。

そこで相手の状態を知ってそれをサービスに活かすのです。
靴がキレイに手入れされていれば、お金持ちの可能生があるので、質の良い商品を進めたり、ホテルであれば客室グレードアップを提案したりします。

 

 

仕事では相手の靴を見ることでどんな性格の持ち主なのか知ることができますし、異性関係のデートでも相手の靴を見れば普段から靴を手入れする人なのか、経済力のある人なのかということを知ることができます。

そして、靴を履く方は「靴の手入れ」をするようにしましょう。
特に踵がすり減りやすい革靴を履く会社員は頻繁に修理や靴磨きをして、質を保つように心がけましょう。

 

 

コメント