仕事のミスや失敗で怒られる時には「顎を軽く引いたしぐさ」をすると反省していることが伝わりやすい


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 雑記


 

仕事の失敗やミスで怒られる時がありますが、その時に相手に反省を伝えるにはどうすればいいのかと言うと、「顎を軽く引いたしぐさ」をすると反省しているように見られます

 

 

「顎を軽く引くしぐさ」とは、顎を自分の方向に引いて、おでこが向いの相手側に見えるしぐさです。顎を軽く引くことで、相手をやや上目遣いで見るような姿勢になり、周りから見ると相手に対して頭を下げているような印象で見られます。

 

 

なぜこの顎を引く姿勢をするのかというと、この顎を引くという姿勢は「従順を意味するしぐさ」であるからです。
この顎を引く姿勢からは、相手から見て頭がよく見える姿勢です。

昔から「頭を下げる」という言葉があるように、偉い人に対しては頭を下げて話すということが礼儀でもあります。
申し上げるという言葉が有るように、偉い人に対してはこちらが下であり相手が上の状態です。

上司や先輩など怒られている時も同じように、このしぐさをすると、相手が怒られているということを自覚していると認識できるのです。
顎を引いたしぐさを見ると、相手が従順になって話を聞いていると思うので、怒る相手も加減をしやすくなります。(相手によりますが)

間違っても怒られている時に相手に対して「顎を上に上げて、見下すように見る」姿勢をとってはいけません。
この顎を上げる姿勢は、相手が威圧や攻撃的な印象を受けますから、「本当に反省しているのか」「本当に話を聞いているのか」といったように口論になる可能生があります。

 

 

このしぐさは他にも女性が好きな男性に対して、やってしまうしぐさです。
特に好意のある男性ややや年上の男性などに対して、好きな時や甘えたい時に行ないますが、これは顎が相手から見る自分の印象を大きく左右していることに関係しています。

 

このように顎は相手がこちらを見る時の印象に大きく関わりますから、出来るだけ使い分けるようにしておきましょう。

 

 

どう使う?

 

 

https://tsukineko.info/hosoku/2115/

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

雑記
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント